『インペリアルサガ』:フル開花育成 冬の陣

ごきげんよう、みなさま。おねえさまです。

インペリアルサガのお話。最近様々なクエスト報酬によって開花のお守りがモリモリ手元に増えております。フル開花育成…インサガの闇でありこのゲームの真のラスボスでもあるシステムでございますが、キャラ愛を発揮することが楽しい本作においてこの苦行は避けては通れない儀式なのです。

今回の儀式の対象となるのは、プルミエールようせい黄金の皇帝(槍)・グレイ(MS)・エレン(体術)・アニー(小剣)・T260Gの7人。ダブっていたT260G以外は全員リターンしてからの育成やり直し組となっております。特に桃色家臣たちは我が帝国の主力メンバーでもあるため、現在のだらしないステータスを改めさせないと。

プルミエール 6回目のフル開花育成


insaga2017_00147

HP 776 → 804 (94.2%)
攻 69 → 78 (100%)
守 65 → 69 (91.7%)
速 48 → 41 (57.7%)

2回目の3値88.1%につぐ良成長を達成したプルちゃん。このときは防御力がカンストしていたのに対し、こちらは初の攻撃力がカンストしたステータスとなっております。素早さを除けば全て90%以上の成長であるのはとても素晴らしい。見栄え的にも実績的にも防御力があと1上がってくれたら言うことはなかったのだけど、終わったことを嘆いても仕方ないわね。

もう一つ今回の素晴らしい点があるとすれば、欠点が素早さだけに集中されているところ。そのおかげでこちらも対策がしやすく、のびのびと育った長所を活かしやすいのだわ。

プルミエールとようせいに関してはいずれ3値カンストを目指したいところだけど、とりあえずはこれで落ち着くといたしましょう。3回目以降はずっと低空飛行を続けてきたプルちゃんが、ようやく端正なステータスになってくれて…おねえさまは嬉しいわ!


ようせい 5回目のフル開花育成


insaga2017_00146

HP 806 → 808 (97.1%)
攻 76 → 76 (100%)
防 34 → 35 (45.8%)
速 70 → 78 (95.0%)

過去最高の成長を果たした二枚看板の一角ようせいちゃま。攻撃力カンストを維持したまま他のステータスが軒並み黒という理想的な成長を果たしました。昔と比べて現在は攻速型が最強というわけではなくなっておりますから、決して防御力も疎かにしてはいけない時代が訪れております。

とはいえ、やはり戦いの基本は長所を活かした人材配置でございます故、兎にも角にも長所が伸びてくれないことには話にならないのよね。特に素早さが大幅に強化されたのがありがたい。ようせいちゃまは行動順固定陣での先導を切る役目がとても多いため、素早さはあればあるほど頼りになるのです。

其れに加えプルと同じく欠点が一箇所に集約されておりますから、これまた対策もしやすいというのが嬉しい限り。DMM組にもようやく虹大剣が配布されましたから、これからもプルと一緒に二枚看板として敵陣を切り裂いてもらいましょう。

この二人は3値90には届いていないものの、HPの伸びが良くとてもメリハリのついたステータスをしているためかなーーーりリセットしづらくなったわ。今後お守りが200個くらい溜まったとか、フル開花育成に緩和でも入らない限りはリセットする機会はなさそう。この二人のステータスを見ていると、早く天帝化させたくなってしまって困っちゃうわね~。


黄金の皇帝(槍) 3回目のフル開花育成


insaga2017_00142

HP 786 → 820 (100%)
攻 72 → 71 (73.2%)
防 59 → 65 (85.7%)
速 52 → 45 (73.1%)

より固くなったラストエンペラー。最近のコンテンツの傾向から、ある程度耐久力のある家臣を求めていたおねえさまとしては、決して悪くはない成長であると言えるわね。

何より当時と違うところは、この子自体が天帝化してステータスの底上げが出来ているということ。皇帝の状態であればなんとも言い難い成長でしたが、天帝化のおかげでそれなりな能力に仕上がっているのは助かったところ。

我が帝国で一番まともな突属性持ちですから、いずれ機会がきたらもう一度リセット育成しようかと考えております。


グレイ(MS)2回目 フル開花育成


insaga2017_00165

HP 869 → 861 (97.9%)
攻 73 → 81 (92.9%)
防 49 → 51 (70.0%)
速 53 → 54 (80.0%)

我が帝国の貴重な冷属性担当。現在開催されているモンハンコラボイベントでも活躍しておりまして、1回目のフル開花育成の結果があまりに酷かったためにやり直しの対象に。勿論天帝化済みだったというのも理由に上げられるわ。

何も強化していない残像剣しかまだ持たせていないため、大型への冷属性攻撃担当というワンポイントでしか起用出来ていないのが少し勿体無いところ。奥義がもしも冷属性の全体だったら、もっと頻繁に起用していたのにと思うと惜しいわよねえ。

とりあえずはまずまずの成長をしてくれたということで、このまま様子を見ることにいたしましょう。


アニー(水着)2回目 フル開花育成


insaga2017_00144

HP 764 → 796 (94.1%)
攻 65 → 77 (92.5%)
防 46 → 43 (65.4%)
速 60 → 64 (77.8%)

何かと大きいアニーちゃん。が、その豊満な胸に栄養を全て取られたのか、一回目の育成では虫も殺せないような性格なのではないかと思うほどの超低攻撃力でフィニッシュしておりました。さすがにこのままではいざ力が必要だとなったときに、全く機能しなさそうであったために鍛え直しでございます。

攻撃力はそれなりな数値まで伸びたものの、他が平均的すぎて少し残念。むしろこんな薄着でありながら防御力はよく頑張っているほうではございますが…ステータス云々よりも他の性能面で当分は出番が無いことのほうが悲しいわね。

ひとえに水着アニーちゃんは生まれてきた時期が悪かったわね。なにせ実装されたのが去年の夏ですから…一度テコ入れはされているとはいえ、これが最近のイベントで実装されていたら冷属性だけの奥義くらいはもらえていたでしょう。冷属性が扱えていたら、我が帝国でも居場所はあったのですが。

胸でもディアナ(正装)様に完敗してしまい、失意のまま今日も兵舎で体育座りをしているアニーちゃんでした。


エレン(バレンタイン) 2回目 フル開花育成


insaga2017_00145

HP 870 → 827 (88.5%)
攻 69 → 80 (100%)
防 62 → 60 (93.5%)
速 51 → 54 (74.2%)

HPを犠牲にして攻撃力を得た狂戦士エレン。さすがに50近くもHPが下がるのは問題ありではございますが、我が帝国で唯一の竜特効持ちという戦力状況を考えれば、攻撃に全振りしてもらったほうが使いみちは広がるわね。

もしもエレンの奥義が全体技であったら、体術部門筆頭のおっぱい忍者からスタメンを奪っていたかもしれませんが…さすがに改造技も継承させていない状態では範囲攻撃に乏しすぎる。アザミはコマンダー能力こそ一致しないものの、強化ポイントに技の改造もある程度進んでいて、相性が悪い相手には術でのサポートも出来ると意外と隙はありません。打属性は他にもおやびんがいるせいで、何気に層が厚いのよ。

せっかく3値90族になれたというのに、それだけではスタメンを取れないなんて…過酷な世界だわ。むしろ90なんて目指す必要性がないまである………?


T260G 2回目 フル開花育成


insaga2017_00148

HP 798 → 768 (85.5%)
攻 62 → 66 (100%)
防 62 → 66 (100%)
速 56 → 61 (84.8%)

2体いたT260Gのまだ手付かずだったキャラを育成した結果、3値94.9%という我が帝国の最高成績を納めたロボちゃん。育成が最も困難だと言われている超バランス型において、ここまで素直に成長してくれたのは素晴らしい限り。

改めて見ると、HPを30落としているのはだいぶマイナスポイントではあるのですが…これはもう仕方ないというか、これに納得いかずにリセットが出来るほど私の資産は潤沢ではないのだわ。それにしても、やっぱりどこかしらは凹むことになるのね。これ、本当にALLカンストとか出来るわけ?

T260Gはグスタフのコマンド効果もかかり、天帝化もまだ実装されていないため伸びしろが未知数。と、書いている間に今週のメンテで早速天帝化が実装されるという朗報を確認いたしました。追加される奥義の内容によって、このロボちゃんが我が帝国のスタメンに食い込めるかどうかが決まるわね。

バランス型は天帝化によるステータスアップの恩恵を最も受けるタイプでございますから、万能さでいえば周回にコンバットに試練にとあらゆるコンテンツをそつなくこなす力は持っております。特にコンバットでは三すくみの相性から外れるメカタイプであるため、安定したダメージソースにもなる頼もしい種族だわ。

天帝化によって器用貧乏から何でも出来る万能キャラにランクアップするT260G。木曜日に追加される奥義がどんなものになるのか…今から楽しみでしょうがないわね。


………まぁ正直なところをいえば、こういう成長を是非是非プルミエールかようせいにしてもらいたいのですけどね。今回一応の目処はたったとはいえ、あなたたちの厳選はまだまだ終わりじゃないのだから…覚悟しなさい!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加