【デスチャ】WBT『オロラキング』祝賀会

デスティニーチャイルド
神秘的浮遊乳

ごきげんよう、みなさま。おねえさまです。

デスティニーチャイルドのお話。ワールドボストライアル『オロラキング』戦、お疲れ様でございました。いつも以上のサンドバッグを相手にすることとなった今回は…まぁまぁ語ることはなかったわね。

目標としても1%を目指すことをやめ、トライアルミッションを全て獲得することを新たな目標に励んだおかげもあって、恐ろしいほど優雅な二週間になりました。もうちょっと姿がカッコよかったり、音楽が壮大であればやる気もまだ持続したのだけど。あんなJELLYを相手に本気を出すこともないでしょう。

というわけで本日はWBTの戦利品を整理しながら眺めていきましょうねぇ。


もはやかぶらなければマンモンですら喜ばしい

イベント期間中のチケットによる獲得チャイルドがこちら。光レイドも周回していたのかと思うほどの偏りっぷり。WBTでのカードめくりでは計3体の★5チャイルドがやってきましたが、記録に残していないところを見ると完凸チャイルドを引いてしまったのでしょう。他愛もない。

今回はついに旗揚げメンバーであるダナがPERFECT BODYを手にすることができた記念すべき回でございました。初期メンの★5チャイルドの中で唯一燻っていたキャラでしたから、ようやくゴールすることが出来ておねえさま安心。今となっては起用する機会がほとんどなくなってしまったダナですが、序盤の屋台骨としてパーティを支え続けてくれた功績は決して忘れないでしょう。殿堂入りおめでとうございます、ダナちゃま。

…と喜んだのもつかの間、稲妻の如く二体目が来て早速ダブるという嫌がらせをしたことも忘れないわよ!

その他のポイントとしては今回マフデトを入手したことで、ついにマフデトもあと一歩でPERFECT BODYを手にすることができるという点ね。こちらも恒常組ということで今となってはWBTでの火力要員としての出動しかない状態ではありますが…それでも初期から実装されているチャイルドというのは追加組と比べても一層思い入れが強いもの。ゲームとして一番面白い時期に触れていたキャラというのは、それだけで永遠にメモリーに刻まれるものだわ。

その他マンモンも完凸はしておりませんので、一応は嬉しい引きであると言って良い。…という次元までデスチャも来てしまったのかと思うと感慨深いわ。完凸済み以外であれば例えマンモンであっても喜ばしい、と言える日がくるなんて人生長生きして見るものね。

が、何もおねえさまは恒常組で欲しいものがないわけでは勿論ないのよ。最も欲しているキャラなのに最も凸が進んでいないパンテオンを筆頭に、出血パーティで暴れてみたいジュピターやまたいつか役立つ時が来るかもしれないランフェイやニルティ、絶賛デビランで活躍中のシュリンクスと…ウェルカムしているチャイルドはちゃんといるのです。

シュリンクスに関しては一周回って再びスタメン入りを果たしております。デビランをオート放置となるとさすがにディアブロ一人では防御面に不安がありすぎたため、ディアブロ+シュリンクスという鉄壁のディフェンス陣を展開するようになっております。ここにバートリーも組み込んでおりますから、相当カチカチでございます。


ある意味ここが顔

そういった流れで言うと、この子とシュリンクスは完凸させたい気持ちが今一番あるチャイルドかもしれません。シュリンクスは焦らずともいずれは完凸できるとは思いますが、おっぱい姫に関してはガチャで特攻しないとなると転生館で祈祷する以外に方法がないのが辛いわね。

中々材料となる花を配ってくれないので気軽に祈祷しにいけないコンテンツでございましたが、最近はお布施をしなくとも徐々に配布してくれる機会が増えてきていていい感じね。勿論その気になれば課金しても一向にかまわないのだけど、以前アリアのラグナブレイクが開催されたときに実はそこそこ課金をして特効チャイルドを揃えたのです。そうしたら、満足したせいか一気にモチベが下がりそのまま一ヶ月ほど休止したという経緯がありますから、出来るならばお金の力に頼って戦力を揃えるということは控えたいわね。

デスチャをここまで長く遊んでいる理由の半分は、無垢な少年少女に見せても後ろめたさを感じない健全な卑猥さをウリにしているところに間違いありませんが、もう半分は飢餓感を常に持ち続けていたことだと思っているわ。手に入れたい乳や尻が実装されたときに悶え苦しまないようにゲーム攻略で資産を貯める…という基本サイクルがあったからこそ、あらゆるコンテンツに対してそれなりなモチベを保ちながら遊べていたのよね、きっと。

それを当時はお金の力でいとも容易く手に入れ凸を重ねてしまったことで、こんなに簡単に手に入るならゲーム頑張らなくてもいいのでは…と自我を取り戻してしまったのが全ての敗因でございます。基本的にデスチャは新しいキャラを手に入れたからと言ってゲーム性が変わるわけでもなければ、操作性が変わるわけでもありません。9.5割はオートゲーですから、普段の操作や思考に影響を与えるわけではないのよね。

だからこそ、常日頃からゲームを攻略しコツコツ貯めた資産でお目当ての乳や尻を手に入れたわ!という達成感が次のモチベに繋がっていたのがおねえさまでございます。例えばパズドラとかはちょっと違うのよ。あれはパーツが変わることで戦略や立ち回りがガラッと変わったりすることが多いから、未だに課金してでも手に入れたいと思うことはあるけど、デスチャはそうはいきませんからね。手に入れて数日もすれば感情などリセットされているわ。

よって、デスチャへのお布施はデイリークリスタル分のお金だけで十分なのです。大体こんな毎回毎回不具合を連発させるドジっ子運営に落とすお金などこの程度の金額で十分なのよ。十分なのだわ!



【見飽きた面々】

ついにでカルタチケットの結果も。こちらはもうおねえさまにとってはいつものメンツ。「藤棚の下の約束」は何度も来る。もはや2枚完凸しているというのに、未だに来る。いつまでも来る。あらゆる侵入口からやってくる。やはり私のアカウントのコウガの愛は重い。その重さを心地よく感じることが出来るくらい私も早く艶女にならなければ。

とはいえ、カルタに関しては昔ほどの貪欲さはなくなっているのが正直なところ。攻略に必須というポジションにされるくらいなら今くらいのゆるいバランスでいてもらいたいものの、基本的にはステータス補正として考えている代物になっております。カルタものんびり凸を重ねていき、いずれ完凸を目指すくらいの気持ちがちょうどよいわ。後は新規カルタのイラストを見て楽しんでいくのが、最も健全な嗜み方でしょう。

このゲームはゲームコンテンツとしての奥深さは全く広がりを見せない困った一面はありますが、ブレないイラストと世界観は合う人間にとっては非常に魅力的なものであり続けているのは素晴らしいことだと思います。やっぱりお抱えのイラストレーターがいるゲームというのは、こういうところで強みを発揮するわよね。完成度の高いLIVE2Dもそうですが、これからも長所を存分に伸ばして成長して頂きたいものでございます。

デスチャは間違っても大衆向けのゲームにはなりえないニッチなデザインですから、思う存分プロダクトアウトなビジネスを続けていってほしいものだわ。これからも素敵な乳や尻を生み出し続ければ、愛される作品になれるわきっと。

そういえば今回はなにかの祝賀会だった気がするのだけど…おねえさまは基本的に乳か尻にしか興味を持たないので乳も尻もないような相手だったのでしょう。やりがいのあるイベントがまた始まっておりますから、休む間もなく次の戦いへまいりましょうねぇ。


タイトルとURLをコピーしました