【雑記】本日のおねえさまの生態 19/03/31

雑記

ごきげんよう、みなさま。おねえさまです。

何度かお伝えしておりますが、サイト更新に関して少々手間取っていることがございます。まず大本であるwordpressがメジャーアップデートを行ったことで、サイトを作成する際に利用しているエディタ画面が大きく変更されました。今までの操作方法とは全く違うデザインに変更されたことで、普通に記事を書くだけでも四苦八苦しているのが現状でございます。いつも出来ていた編集すら満足にできておりません。

ですから、おねえさまにあるまじき美しくないレイアウトになることが多々あるかと思いますが、新しいエディタ画面に慣れるまではしばらく続くことになることをお詫びいたしましょう。公式が提供しているプラグインを使用すれば以前のデザインに戻せるみたいなのだけど、それは一時しのぎ的なものでいずれ全員が新エディタ画面に移行しなければならないわ。よって、潔く新しいエディタ画面に慣れておかないと後々泣きを見ることになるのよ。

そういうわけですから、しばらくは試行錯誤を繰り返しながら自分が納得の行くデザインを完成させていきたいと思います。新しいものに移行するというのは、どこの世界にいても大変だわぁ。

ソレに加えてある意味間が悪いのだけど、サイトデザインに使用しているテーマも変更しております。以前まで使用していたテーマと同じ製作者様がリリースされた新作に乗り換えたのよね。その結果、また一からデザインを煮詰めていく作業が生まれているため、サイトがとても不安定になっております。 自分好みのサイトデザインに落ち着くまでには、今しばらく時間を要するかと思いますので読みづらいレイアウトもあるかもしれませんがお許しくださいませ。

我が街ラクーンシティ

『 バイオハザードRE2 』のお話。追加コンテンツもしっかりと完食し、いよいよRE2ではやることがなくなってしまいました。うーん、素晴らしいリメイク作品でございました。

クオリティの高さは勿論ですが、ふと遊びたくなったときに軽く一周回れるくらいのボリュームに収まっているのも昔のバイオシリーズを彷彿とさせる感じが素晴らしいわね。リプレイ性の高さというのかしら…初見は難しいのだけど遊び慣れると簡単に周回できるお手軽さも兼ね備えているのが絶妙なバランスでございます。

思えば同じ開発エンジンを使って制作された『バイオ7』も素晴らしい出来栄えでしたが、あちらはホラー色がだいぶ強かったせいかもう一度周回したいという気分にはあまりならなかった記憶があるわね。登場するクリーチャーの数が少ないから代わり映えしないというのもあってか、ゲームとして繰り返し遊びたい内容だったかというとそうでもありませんでした。あれは恐怖体験をしてそれで満足して終わるタイプのゲームだったわ。それでもトロコンまで遊んだのだから、やはり良いゲームだったのは間違いないのだけど。

その点RE2は凶悪になったゾンビたちを相手にするだけで面白い。最初の頃はあんなに苦労していたゾンビたちをいとも簡単にいなせるようになる…プレイ内容が上達している実感をハッキリと体感できたのが良かったのかもしれません。おねえさまにしては珍しくクリアタイム更新を意識しながらのプレイが多かったですから、ついつい競技性を求めたくなるデザインであったのでしょう。

遊び尽くしたとは言いましたが、前述の通りたまに一周程度遊びたくなったりします。そんなときに便利なのがウィークリーチャレンジで、毎週カプコンから出されるお題をクリアしながら本編を遊ぶというもの。これがあるおかげで目的を持って一周できるのがいい塩梅なのよね。ただなんとなくハードコアを走るよりも有意義に遊ぶことが出来る…本格的に飽きるまでは週一ペースでRE2とはまだまだお付き合いしていくことになりそうだわ。

やっぱりラクーンシティを舞台にしたバイオハザードシリーズは最高ね。というわけで、カプコン様。そろそろアウトブレイクシリーズを墓から掘り起こしてもよろしいのよ?ネクロマンスしてもよろしいのよ?

その節はお世話になりました

インペリアルサガのお話。当サイトでもしばらく追いかけておりましたサガシリーズのブラウザゲームである『インペリアルサガ』が、今年の12月26日をもってサービス終了となることが決定いたしました。理由は2020年にサポートが終了する「adobe flash player」が原因で、Flash機能を用いて運営されていたインサガも巻き添えを食らう形となったといったところでしょうか。これはインサガだけではなく、Flash機能を使って運営されているブラウザゲーム全てを終焉に向かわせるものですから、インサガだけが…というわけではないのだけど残念でございます。

ただ、開発者のビデオレターを見た限りでは後継作となるインペリアルサガ2のようなものの開発は決定しているそうなので、インサガプレイヤーにも一応の希望はあるのではないかしら。現行プレイヤーに対しては何らかの形で多少の引き継ぎ要素を用意するという旨も語っておりましたし。これを機に『ロマサガリユニバース』に移住してくださいという流れにならなかっただけでも良かったと思うわね。

おねえさまとしてはデスチャと入れ替わるような形で遊ばなくなってしまったインサガでございますが、一時期は非常に楽しいひと時を過ごさせていただきました。6月あたりになったら、サービス終了の日まで復帰してみるつもりですから、インサガが有終の美を飾る瞬間をこの目に焼き付けるといたしましょう。

残念な結果でございます

QMAリウムのお話。こちらもサービス終了の話題でございますが、正直言って予想どおりの結末でございましたね。本家QMAには随分とお世話になったおねえさまでしたから、こちらのアプリ版にも当然手を付けてみたものの…結局面白くなることなくやめてしまっていたもの。

このアプリの何がいけなかったといえば…大体悪いところしかなかった気がするわね。声優問題で荒れたり問題数の少なさに落胆したりライブイベントでは事故ばかり起こす。イラストも色々な人を起用するのはいいですけど、統一感がなくてあまり好きになれる絵柄もなくいい思い出がありません。

何より一番ダメなのはやはり対人戦がないことよ。QMAは全国トーナメントがあってなんぼのゲームだということを改めて思い知らされただけのアプリだった気がいたします。CPU相手に簡単すぎる問題を何度も何度も解いて周回する…ソシャゲの悪いところだけが目立った内容に落ち着いてしまったのがいけなかったわね。難易度の高い問題を出題させようとすると、わざわざ石を割らなければいけないというとんでもない仕様にも呆れておりましたし、本家QMAがあるせいでとにかく比較されてしまうのがどうしようもなかった感じ。

クイズ要素ではどう頑張っても本家のクオリティに近づくことは出来ないのだから、もっと思い切ってキャラゲーに寄せてよかったと思うのだけどね。QMAの魅力の一つは長年愛されているキャラクターたちも含まれているのだから、本家では堪能できないようなコンテンツでもあれば、もう少し走ることが出来たかもしれないわ。今となっては後の祭りでございますから、後は本家に任せて安らかに成仏してくださいませ。

本日はこんなところでございましょう。それでは、ごきげんよう。

タイトルとURLをコピーしました