【DOAXVV】キレイなダビすけを愛でる



ごきげんよう、みなさま。おねえさまです。

DOAXVVのお話。日々魔王争奪戦に勤しむおねえさまでございますが、今はコラボイベント中という名の停滞期間に突入しているデスチャ。もちろん新規参入者にとってはやること満載のイベントですが、訓練された魔王候補生にとっては小学生に渡される宿題レベルなやりこみ内容でございます。おまけに今週と来週はデビランをお休みできる周期と重なったおかげで、スタミナ消化しか日々やることがないわね。

ので!せっかくのコラボ期間ですから、コラボ先である『DEADORALIVE EXTREME VENUSVACATION』にお邪魔しようではありませんか。都合よく相互プレイキャンペーンも行われておりますので、紳士淑女のためのエロバレーを遊ぶことで魔王争奪戦にもプラスになるという算段でございます。つまり後ろ髪を引かれることなく、紳士淑女のためのエロバレーを堪能できるということだわ。一体何度私に夏がくるのか…真夏のビーチが私を待っている!

そんなおねえさまによるおっぱいバレーのプレイ風景。

ガチャ運のないものにおっぱいを崇める資格なし




始めるにあたってデスチャ勢として楽しむための最低条件は、コラボ商品であるダビコスかモナコスをガチャで当てることでございます。ガチャで当てることが遊ぶモチベに繋がるというのであれば、目当てのものが出るまでリセマラをする…というのがガチャゲーの定番。しかし、DOAXVVはアカウント毎にデータをしっかり管理しておりますので、アプリを削除したからといってデータも初期化されるということにはなりません。

つまりリセマラをするのであればその都度DMMのアカウントを新たに作らないといけないのだわ。よもやダビすけのためにこんな面倒くさいことが出来るはずがありませんし、既にデスチャとしっかり紐づけしているDMMアカウントがございます。こういうものはなるべく一つにまとめたい派の私にとっては、DOAXVVでリセマラをするなど考えられないわね。一発勝負でいくしかありません。

DOAXVVで最高レアリティのSSR水着が出る確率は1.1%。ダビコスとモナコスはそれぞれ排出率が0.38%となっておりますが今どき1%のガチャゲーを遊ぶなどだいぶ正気を失っていると思いながらも、こういうのはやってみないとわかりませんから。お正月にコウガを当てたときの感覚を思い出せばいいのよ、簡単じゃないおねえさま。





完全に接待ガチャ。コラボコスが出なければすぐさまやめるつもりでおりましたが、どうやら私を紳士淑女のためのエロバレーに引きずり込みたいようね。欲を言えばモナコスのほうが良かったのですが、そんなわがままを言ってはバチが当たります。ここはキレイなダビすけことマリーちゃんをメインにしっかり遊んでいきましょう。

ちなみにこのゲーム、最初に二人キャラを選べるのですが…それ以外の使用キャラを増やしたいときは基本的にお目当てのキャラのSSR水着を引かないとキャラが開放されないようね。稀に排出率3倍ガチャイベントが行われるそうですが、基本的には1%ガチャゲーであると考えると結構シビアな設定だわ。キャラぐらいはもう少し楽な手段で開放できるようにしても良さそうだけど、それを許さない恐ろしいゲームだということなのでしょう。そういえば…





PVでダビすけのガチャ演出を真似しているマリーちゃんが映っていたから、てっきりコラボガチャでSSRが出たらこの演出が差し込まれるものだと思っていたけど…何事もなくマリーちゃんが着衣していたのは残念。というか、実際のガチャ演出に差し込まないなら何のためにわざわざコレを作ったのというのかしら。

残念ではあるのだけど、コラボイベント自体はデスチャと比較するとDOAXVVはまだ頑張っている…と言っていいわね。デスチャのアイコンやBGM、背景などを使ってデスチャのUIを再現しようと頑張った努力は見受けられました。デスチャ側など何から何までいつものデスチャですから…せめて雰囲気だけでも似せようという努力くらいしても良かったのではないかしら。

ただデスチャのオシャレな雰囲気は、現代を舞台にした作品と相性が良いと改めて思ったわね。紳士淑女のためのエロバレーという恐ろしいまでに鋭利なジャンルを扱っておりながら、デスチャの雰囲気を取り込んでも世界観を破壊するどころか見事に融合しておりますから。

特にBGMは素晴らしい。ペルソナもどきな雰囲気のおかげで乙女たちを彩るBGMとしては抜群の相性でございました。試合中に流れているデスチャのBGMなんて、公式のTOPページで流れているとしか知らないBGMなのによく見つけて採用したと思うわ。あのBGMってゲーム内のどこかで流れてるのかしら?あのオシャレなBGMを見つけてきたその嗅覚は褒めて差し上げましょう!





今の所ダビコスの力は絶大で、コラボイベント戦をもろともしない勢いで稼いでおります。このゲームはイベントごとの特攻コスが与える影響力がとても大きいようで、私の育成大好き魂に火がついた結果連日に渡る鬼コーチぶりを発揮しイベント戦を踏破し続けることが出来たわ。

個人的には3Dモデルで再現されたダビコスやモナコスを鑑賞できただけで充分満足なのですけども、ゲーム面でもしっかり楽しめてしまっているのは運が良かったですね。特攻コスがなければここまでスムーズに攻略が進むことなどありえませんでしたから、無課金微課金勢にとってはガチャの引き次第でモチベが大きく左右されるタイプの危険なゲームだわ。欲しいもののためなら課金もいとわないスタイルじゃないといずれ力尽きそう。

それにしても両者のコラボ商品は両極端ね。デスチャ側からのDOAキャラは入手難易度自体は易しいけども凸前提のゲームバランスと、既存プレイヤーからすればそもそもあまり強くはなく追いかけるほどの性能でもないマイルドな仕上がり。DOAXVV側からのデスチャコスは入手難易度は非常に高いですが、効果は絶大で0凸でも充分すぎるほどのゲームパワーを与えてくれる仕上がり。特効効果のおかげで私よりも遥かにレベルの高いプレイヤーのエースキャラを簡単に超える力を持ててしまうとは…果たしていいのか悪いのか。

どちらが正解なのかという答えはなさそうだけど、コラボをきっかけに参入する新規勢だけを基準に考えたら…デスチャのほうが間違いはないわよね。イベントを進めればとりあえずかすみは確保出来るわけだから、コラボ目当てで遊びにきたプレイヤーへの最低限のおもてなしは出来る。ほのかやマリーローズを狙おうとすると、リセマラをしないとちょっとクリスタル的に厳しそうだけど。

逆にDOA側はリセマラはとてもしづらく、デスチャ商品は0.38%を通さないといけないからハードルがとても高い。いくらUIの雰囲気を似せて演出しているとはいえ、キャラ自体が手に入らないと楽しめるわけがないわ。私がこんな余裕のある記事を書いているのも、結局はたまたまガチャでご飯を食べていけるほどの強運を発揮できただけのお話でございますから。





なにはともあれコラボ成功を祈って多少のお布施はいたしましたから、後は私のモチベが続く限り楽しむといたしましょう。正直前半の一週間だけでゲームとしてのDOAXVVは堪能し尽くした感がある気もいたしますが…まぁそうね。後半はモナコスでも狙って華々しく散るのも良いかもしれません。

本日は少し真面目な内容になってしまいましたから、次回は頭の悪い内容でお届けしたいと思います。そーれ弾みなさい、私のメロンちゃーん。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする