【DOAXVV】ディアブロという名の露出狂



ごきげんよう、みなさま。おねえさまです。

DOAXVVのお話。先日デスチャコラボが無事終了いたしました。卑猥な匂いに誘われてのこのこ迷い込んだおねえさまではありましたが、いつまでも呑気に乙女たちのお尻をなでまわしている場合ではございません。そろそろ正気に戻って魔王争奪戦に復帰しなければいけないと思いつつある今日このごろ。

突然ですがここでおねえさまがセクハラしたいビーナスNo.1は、上の画像でも決めてるルナぴょんことルナちゃんでございます。不思議系少女として確固たる地位を築いているルナぴょんですが、その揺るがないアイデンティティにあぐらをかいているその余裕を打ち砕いて舐め回してやりたいと考えているわ。それはもう四六時中ね。

ですが、そこは礼節と道徳を重んじることに長けているおねえさま。一般的にデスチャ界においての挨拶というものはおっぱいをモミモミすることだというのは周知の事実かと思われますが、ルナぴょんに挨拶をすると真顔で「訴えます」の一言。

私を訴える…?中々の怖いもの知らずじゃないルナぴょん。私を訴えるルナぴょんこそ不敬罪で地の獄の獄まで追放して差し上げてやりましょうかと脅しつけてあげたいところではありますが、文化の違うもの同士が交われば多少の衝突は避けられない。私は実に冷静な存在でありますから、その可能性は考慮いたします。もちろんよ?すぐにでも私の至極個人的な豪腕っぷりを披露し震え上がらせることなど容易いことですが、こんな20歳にも満たない小娘に私が顔を真赤にするのも大人げない。

私の挨拶が非難されるということは、コレは何かこちら側の文化が間違った形で伝わっている可能性があると睨んでいるわ。そう、例えばデスチャは卑猥でいかがわしいキャラばかりが出ているから治安が悪いゲームだと…そういうあらぬ誤解が生じた結果、私の行動がネガティブな感情に結びついたのではないかと。これはいけません。過ちは正さなければ必要のない血が流れることになる!



犯人はあなたよ!




恐らくデスチャ界におけるチャイルドの基準となるモデルに選ばれたのは、このディアブロではないかと推測しております。ディアブロのファーストインプレッションがDOAXVVで一人歩きし、デスティニーチャイルドに関わるものは須らく卑猥で露出狂ですぐにでも脱ぎたがりであるという誤解を生み出しているのではないかしら。

確かにデスチャに登場するチャイルドたちは多少肌の見え方が他と比べ広いかもしれませんが、みんながみんなディアブロのように解き放たれていると思われては困りますね。小学生にも安心して勧められるアプリを目指すデスチャとしては、これは由々しき事態。例えお父様やお母様に覗かれても堂々と遊戯を続けることが出来る…それがデスティニーチャイルドのモットーでございましょう。

ディアブロを基準にチャイルドというものを判断するのはとても危険よ。





その証拠としてプレイヤーがうちわで扇ぐと乙女たちがコスプレ衣装から一転、一糸まとわぬあられもない姿になり「チャイルド化大成功!」とはしゃぐシーンがございます。裸=チャイルドという間違った認識がDOAXVV内に蔓延している動かぬ証拠を私はこの手に握りしめていたのよ!

良いですか?チャイルド化というのは契約者である救いを求める人間と対話を繰り返し艱難辛苦を乗り越え、心を通わせ築き上げた絆の元に生まれ落ちる魂の昇華なのでございます。尊いのでございます。それをうちわ一振りビューで「キャー!エッチー!」からの全裸チャイルド化などもってのほかよ!私は嫌いではありませんが!決して!





責任の一端はやはりディアブロにあると認めざるを得ないでしょう。全裸は別に恥ずかしくない派に属しているおねえさまではございますが、他文化圏の人々を脅かしてしまったことについてはとてもとても心を痛めております。

ですが、決して誤解しないでほしいわ。デスチャの中には紳士淑女な身なりのチャイルドはごまんといるということを。このディアブロは石で購入する高いスキンを身にまとっているからこそのビジュアルであり、お金がかかると人は多少暴走してしまうのよ。金銀財宝を目の前にし、倫理観や道徳を失うことは決して珍しくありません。ちょっとやりすぎただけなのよ。

その証拠に私が公開しているデスチャの記事をご覧になると良いわ。あまりに健全たる内容がつづられており、卑猥な画像なども一つもないと断言して良いでしょう。それはそうよ。デスティニーチャイルドというのは、悪魔と人間とチャイルドたちの交流と絆を描くハートフルヒューマンドキュメンタリーラブドラマなのだから、いかがわしい要素など割り込むことなどないのです!

これだけ力説すればデスティニーチャイルドを嗜む人々は紳士淑女しかいないということが証明できたと確信しております。誤解も解けたところで、これからも存分に人様のルナぴょんのおっぱいをたぷんたぷんさせる日課に戻ろうかしら。自前のルナぴょんにセクハラ出来る日は一体いつになったら来るのでしょう。



異世界の花嫁修業




ちなみに、今DOAXVV内ではフィオナイベントである花嫁修業の一環として水着姿でロッククライミングに勤しんでおります。この世界の道徳も大概どうかと思うわね。えぇ、私は。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする