【デスチャ】ワールドボストライアル「オハド」戦を振り返る



ごきげんよう、みなさま。おねえさまです。

デスティニーチャイルドのお話。先日閉幕いたしましたワールドボストライアルのオハド討伐戦。編成さえ決まってしまえば特に語ることもないのがデスチャのレイド系イベントの特徴でございますが、今回は商店の交換ラインナップが豪華になったおかげで交換品を吟味する必要が出てきたのは素晴らしかったわね。

今回のポイントは初の木属性WBということで、火属性ディーラーに自信のないおねえさまにとっては少々苦手な相手と考えておりました。昨年のクランプス戦ではエルメスとディナシーがディーラーを務めていたのを皮切りに、私のアカウントは火属性に全く恵まれないことでその名を轟かせていたわ。今回に至っても★5の火属性ディーラーはものの見事に凸が進んでいない状態で、ダメージが出せるか正直心配。

そんなあまり気が進んでいなかったオハドとの2週間の殴り合いを振り返ってまいりましょう。


過去最高の戦績




結果報告から始めますと、おねえさまの心配をよそに過去最高のペースでダメージを稼ぎ続け、早々に1%内をキープできたWBとなりました。最大の不安要素であったエースディーラー不在という自体は、直前に使ったチケットからたまたまメブおばさまが2体も出てきたことによって一気に解消されました。

今回は商店の交換ラインナップにもメブおばさまが用意されていたこともあって、一気に3凸分上積みすることが出来たわけね。開始当初は1凸しかしていなかったメブおばさまが、あっという間に老練な4凸悪魔に様変わりしたのは嬉しい誤算。メブおばさまは相手にバフがかかっていると本気で殴りにかかるという特殊性癖の持ち主ではあったものの、WBなんて常に何かしらのバフがかかっているから問題はございません。





基本的には500万ダメージ前後をブラブラすることとなりました。オート戦闘である以上バフのかけ方も完全にAI任せとなってしまうため、このあたりの条件は皆同じですからブレ幅は考えるだけ無駄ね。昔は300万くらい出せれば満足していたのを思い出せば、デスチャもゆっくりとインフレが進んでいると実感するわ。

それにしても驚くべきはティルフィングの存在よ。この幼女は0凸であるのにもかかわらず4凸の4連打持ちディーラーであるメブおばさまに遅れを取っていないのだから、さすがはWB専用殺戮兵器の異名を持っているだけはあります。WBでは常に毒状態にさせているという状況もティルフィングの追い風となっており、この幼女が火力を出せる環境を簡単に用意できるのが素晴らしいわ。

前々からそのポテンシャルの高さには驚いておりまして、機会があれば凸しても良いと思っていたのですが…中々いい感じのガチャがこない。大体他のチャイルドとの抱き合わせにされてしまうのだけど、そのラインナップがおねえさまはいつも気に食わない。凸が完了しているチャイルドだったり、こんなチャイルドどこで使うの!と怒りを発散してしまうようなチャイルドがつけられたりとその道は険しい。

上記画像では3番手のユーナが遅れを取っているように見えますが、TOP3のダメージは結局バフのかかり具合によっていかようにも変動するため、誰が1位かという事実自体には大して意味がないものであったりいたします。トータルダメージはバフのかかり具合、クリティカルの発生具合、デバフのかかり具合…様々な要素が絡んでくる複雑な現象ですからそんなに神経を尖らせる必要はございませんのよ。


メブおばさまの躍進




今回は一発で招き入れることが出来たハロウィン仕様のメブおばさま。今回の特効チャイルドはバッファーのハロメブおばさまとディーラーのアリルでしたが、選ぶべきは当然バッファーのハロメブおばさま。ディーラーは凸数が物を言うポジションですが、バッファーデバッファーはオンリーワンな仕事が出来るかどうかはまずは大事。唯一無二の能力を持っているのであれば、0凸でも仲間にいれましょう。

ハロメブおばさまはどのスキルも優秀だったのですが、一番のお気に入りはドライブスキル。火属性チャイルドの火力を一気に燃え上がらせてくれるそのドライブスキルは、フィーバータイム突入への着火役として適任でございました。メブおばさまが火力を上げてメブおばさまが殴りにかかる…マッチポンプもお手の物のメブおばさまの独壇場と化したハロウィン会場でございました。

やはりバッファーは欠かさず入手しておくのがどのコンテンツでも間違いないと再認識したわねぇ。片割れのアリルも決して弱くはないのだけど、やはりディーラーはティルフィングくらい尖りまくった性能をしていないとある程度の凸を覚悟しないといけないポジションだから手を出しづらい。

おまけに最近のピックアップは初回登場時の単独ピックアップを逃すと、後は抱き合わせによる闇鍋ガチャを回さないと凸出来る機会がなくなってしまうのも悩ましいところ。個人的に単独ピックアップがきたときは真剣に考えたほうが良いと思うわね。能力に魅力を感じたのであれば、ここで少し無理をしてガチャを回すのも決して悪くない判断だと思うわ。



むちぷり軍随一の守護女神




マアトとは何かと縁のあるおねえさま。気づけば完凸してしまったくらい意識せずに集めていたおっぱいちゃんなのだけど、コンテンツ攻略の要となるチャイルドが完凸を達成すると満足感があるわね。未だにマアトとレダに関しては替えのきかない存在であるため、いつも労をねぎらっているおねえさまでございます。

その点マルスは完凸済みだからこそ採用はしているものの、前者の二人ほど絶対感があるわけではないわね。全体にバリアを張れるのは素晴らしいけども、基本的に敵の攻撃は3~5体程度であるためダナでも十分代用出来るというか防御アップがある分ダナのほうが適任説まであるわね。

唯一ドライブスキル時には真価を発揮するマルスバリアですが、敵のドライブスキルに合わせて都合よくバリアを展開してくれるわけでもないからなんとも言えないのだわ。入れておいて間違いはないけどもっと適任がいるかもしれないというモヤモヤ感は常に持っております。ただ、今回もWB三種の神器だけでパーティを守ることが出来ましたから、やっぱりマルスでいいわね…となってしまうのだけど。





最近ダナが来るようになったのよねぇ。この子は旗揚げメンバーであるのにも関わらず、ここまで1凸だけという体たらくっぷりを披露し、第一線から退いて今では倉庫番をしていたのだわ。同じ旗揚げメンバーであるコウガはもう11体くらい来ているというのに、全くやる気を見せなかった女神。が、最近どういう風の吹き回しか2体立て続けに来たおかげで3凸までようやくたどり着いたわ。

やはり初期組というのは思い入れも強いですから、このままダナの凸も進んでくれると嬉しいわねえ。デビランでもあまり見かけなくなってきたのは、ゲームが進みプレイヤーの戦力が成熟してきた証でもございます。良く言えば万能、悪く言えば器用貧乏であるスキルは専門職のキャラが出てくるとどうしても追いやれてしまうのだわ。ダナの力を借りずとも戦えるようになれば一人前かもしれないわね。


メブおばさまのオンステージ




最終編成メンバーを眺めながらまとめるといたしましょう。

今回のワールドボストライアルで最も思ったことは…ワールドボストライアル期間中は毎回デイリークリスタル増量イベントも行いなさい。一番の目玉はここだったのではないかと私は思っているわ!

正直編成さえ考えてしまえば後はただ消化していくだけのイベントになってしまうのがWBですが、デイリー増量イベントのおかげでしっかりと日課もこなす程度にはキビキビプレイしておりました。RBと比べてやることがあっという間になくなってしまうWBは、デイリー増量は意外とマッチしていたと感じているわ。

かくいうおねえさまもガチャがあっという間に終わり、デイリーをコツコツ回収し続けた結果、WB史上初のクリスタルを増やしながら1%をキープして終了という夢のような体験をすることが出来ました。ぜひコレは…続けましょう!是非とも続けましょう運営ちゃん!

それにしても…もうちょっと何とかならないのかしらねWBというイベント自体。二週間近くも開催する割には一切変化がないのがいけないのよ。こんなに長い期間続けるのであれば、前半後半にわけて敵に変化をつけたり出来ないのかしらね。商店はそのままでよいから、トライアルミッションを前半後半に分けてランキングキープ以外のプレイ目標を設けるとか、プレイに変化を与えてほしいわ。

商店のラインナップやトライアルミッションの充実など徐々に徐々にゲームバランスが洗練されていっているのは間違いありません。現状に満足せずもうひと頑張りいたしましょう。


オハド戦自体に関しては完凸ディナシーがメブおばさまたちを焚き付けて燃え上がる…結果が出せたからこそ楽しい周回となったわ。火属性で私が唯一楽しみにしているのが完凸ディナシーによる火力バク上げでございますから、そのバク上げの対象となるディーラー不在なのが一番の心配事でございました。

それが今回は急遽運命のいたずらにより凸を重ねたメブおばさまによって解消されたことが一番の出来事だったわね。さすがはメブおばさま、私の心情を察し一肌脱いでおねえさまを助けてくれるなんて…乳のないメブおばさまが脱いでも目の保養にはなりませんが、おねえさまも大人です。そこは黙って見守ることにいたしました。おねえさまえらい。





完凸達成するとすーーーーーーーーーぐ被ってくるんだから!!!

次回からはちゃんと収穫した★5も報告してまいりましょう。それでは、ごきげんよう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする