【PSO2】エリートアークス 選民作業大会



ごきげんよう、みなさま。おねえさまです。

PSO2のお話。先日のアプデから新しいエクストリームクエストが追加されました。しかもこのクエストクリアで獲得できる称号は、次のエキスパート条件に追加指定される予定でもしも獲得せずに日々自堕落な生活を送ってしまうとエキスパ民からパージされてしまうのだわ。これはいけない。

というわけで、日々やることがないとのたうち回っているアークスたちは選ばれしエリート層に潜り込むために新エクストリームクエストに勤しむこととなりました。追加されたクエストは二種ありまして、どちらか一方の称号を獲得すればエキスパートとして名乗る権利を頂けるようですわ。【極限訓練 地球と幻創】はパーティプレイ可で【独極訓練 狂想と幻創】はソロ専用クエストとなっており内容はほぼ同じでございます。

楽をするのであればパーティを組み前者のクエストを攻略するのがよいわね。参加人数に応じて敵も強化されるとはいえ、復活行為を互いに行うことができるのは大きなメリットでございますから。あまり苦労を買いたくない方はみんなで極限訓練 地球と幻創を攻め立てましょう。今回我らがたまちゃんにはソロ専用クエストの独極訓練 狂想と幻創を八つ裂きにしてもらおうかと思います。それではたまちゃん解説をどうぞよろしゅう。



にゃあらぁぁぁぁ!というわけでここからはたまちゃんタイムだ!



これからこのたまちゃん様が【独極訓練 狂想と幻創】を叩き潰す!目標はただのクリアなんかじゃねえ…15分以内のクリアでもらえる特別な称号を狙える攻略を意識するぞするぞ!挑戦するクラスはヒーロー一択だ!それはなんでかって?あたしはヒーロー以外のクラスはクソほども育っていない!以上!納得しろ!

使用する武器種はまずはソード。これは基本だな。ヒーローはレバガチャ操作してるだけじゃ大して火力が出ねえ!トロくさいデブたちにはガンガンカウンターを決めてタイムをどんどん短縮する必要があるぞ!次にタリス。これも特定の害悪エネミー共に対して使うと楽チン珍鎮々父んになるから有効的に使うぞ!。最後にツイマシ。これはいらん!便所にでも捨ててこい!


次にクエストに装備していくアイテムを一応紹介しておく!




ねーさまのおさがり。




ねーさまのおさがり。




ねーさまのおさがり。これだからサブキャラはよぉぉおぉーーー!?

その他の用意としてはチム木からバフ効果を強奪してきたり、飢餓状態のマグの口に残飯詰め込んだりとにかくなんかプレイヤーが有利になることは全部持ち込むのがいいんじゃねーの?なんせこれから挑戦するクエストはちょー難しい難易度だからぁな!あっちが殺意MAXで来るならこっちも殺意に満ちあふれてねえとなぁあ!?目にはアイスピック、歯にはグーパンストレートってよく言うだろおぅ!?

うーーーし!それじゃいくぞいくぞいくぞいくぞ!!!


STAGE1 クソ雑魚デウスヒューナル!目標討伐タイム2:00前後



デウスヒューナルとの一騎打ちだ。大型レイド緊急クエストに登場してからは、あらゆる緊急に使い回されてはアークスたちにボコられ続けている哀れな存在だ!だが、ここのデウスヒューナルは運営に媚びへつらった個体だから、攻撃力がバクアゲされてる。HPや防御耐性をさっぱり盛っていない調子こいてるアークスは、こいつの攻撃がカスるだけで四肢がもげる恐れがあるぞ!

しかーし!こいつの攻撃はほぼ全てにカウンターを合わせられるくらい脳筋なモーションばかりだ!ステージオーダーに「60秒間ダメージを受けるな!!!」もあるから、お前の攻撃なんて当たらねえ!の精神でがん攻めするのが基本だぞ!まだSTAGE1でやり直しも大して痛くないから、ここはちょー強気に攻めろ責めろ數めろ!

■ 剣振り回し → 剣を構えたらすぐに左回りで回避すればカウンターが発動する!後半は三連撃にモーションが変化しやがるが、背後に回り込む感じで回避カウンターを決めればこちらに攻撃は一切当たらねえ!隙だらけの背中をズタズタに切るぞ斬るぞ伐るぞ!

■ 生まれいでよ(衝撃波) → 膝をついてからのガッツポーズで周囲に衝撃波を放つぞ!攻撃判定は全部で3回発生するが、これもガッツポーズで拳を天高く振りかざしたあたりで回避を始めると3回全部にカウンターを決めることができる!生まれてから負け続けのお前が神気取りかよぉぉおぉ!!!

■ 終末の茨よ(地面から茨ドーン) → 自キャラの足元が青白く光った後に茨が飛び出してくるぞ!これは剣振り回しよりも気持ち遅めに回避を行うとカウンター判定を稼ぎやすいから、せっかちに回避するんじゃねーぞ!じっくりじっくり引き寄せてぇぇぇ………我慢しすぎて当たっちまったぁぁあぁ!!!

■ 無言(前方ジャンプからの茨攻撃) → お前なんか喋れよぉおぉ!?実はこれが一番厄介で、ジャンプ攻撃を回避してもその後茨攻撃がフィールドを徘徊するようになるぞ!ヒューナルの動きにばかり注意を払っていると、画面外から迫ってくる怒涛の茨攻撃に当たっちまうことがある!いいか…飛ぶなよ…飛ぶんじゃねーぞ……ぉぉお!

■ これより神罰をあたえる(雷ドーンの茨バーン) → 体力を半分削るとこれを使ってきて、それ以降一定時間経つと使うみてーだな。緊急とかで親の顔よりみた光景だと思うから対処はほとんどのアークスは分かるだろう!危なくなったら「ヴェイパーオブバレット」を連発してればOK!神罰よりたまちゃんのほうが怖いことを叩き込んでやらねえとなぁあぁ!?


STAGE2 ウォルガーダ3体&アラトロン・フェムト 目標討伐タイム4:00前後



力士3体とジジイ1体が出てくるぞ!ここのオーダーは180秒間で状態異常になってるバカ2体を殺せ!だが、ジジイがはた迷惑にも雷を撒き散らして力士たちをしょっちゅうショック状態にしてくれるぜ!後はそれを漁夫の利すればいいだけって寸法だ!

力士は動きがデブだからカウンターを決めるのも楽チン珍鎮々父んだし、ビリビリ状態になる前にある程度削って静電気力士になったらそっこー倒せば万事解決だ!ちなみにあたしはここで一回目のヒーローフィニッシュを華麗に決めてさっさとデブを落としている!大体ウォルガーダとかもう何年倒してると思ってんだ!今更書くことなんかねえ。大人しく死んでろ!

残ったジジイはハンマーへし折って棺桶に蹴り飛ばせ!これがお前の寝具だぞ!!!


STAGE3 迷惑千万!魔人・ファレグとの死闘! 目標討伐タイム6:00前後



闘争ババアとのタイマンだ!ガチの戦闘狂のアークスたちはこいつと真っ向勝負のカウンター合戦で楽しむんだろうけど、そんなのめんどくせえ!勝てばいいんだよ勝てば!派は上空でひたすら攻撃をバラまけば楽勝だぞ!

前半はソード握りながら気弾をペチペチ当てて、後半ソードのダメージ耐性がついた状態になったらタリスをペチペチ当てるだけ!ソードはヴェイパー、タリスは「ダイブオブバレット」をメインに常に相手との軸をずらしながら立ち回るといい感じだぞ。お前の高すぎる殺意に付き合うのも楽じゃねーわ!!!


STAGE4 大乱闘!クローム・ドラゴンと愉快な仲間たち! 目標討伐タイム10:00前後



ここではクローム・ドラゴンとファルス・アンゲルと【若人】が同時出現するめんどくせえステージだ!ステージオーダーは「300秒以内にクローム・ドラゴンを殺せ!」で、ここで失敗すると次のステージの闘争ジジイにソード・ツイマシ・タリスへのダメージ耐性が付与されるから、Sランクを目指すヒーローは何が何でもクローム・ドラゴンを潰せ粒瀬ツブセ!

幸いにもこいつらの攻撃力はこのクエストの中ではだいぶおとなしいほうだから、3体を同時に相手にしてもそこまで苦戦しないんだ。まずはクローム・ドラゴンへの強烈な殺意を爆発させて殺害後、後は顔の気に喰わない方を優先して殴り飛ばせばOK!


最終決戦! 狂犬たまvs闘争ジジイ!



最終ステージはお馴染み闘争ジジイとの一騎打ちだ!武器を捨てて拳で語り合ってくる間はチャンスタイムだ!どれも隙だらけでカウンターを決めるには絶好の機会がたくさんあるから見逃すんじゃねえ!特に奴の背後に位置取ると駄犬のように後ろ蹴りをかましてくる。それをすかさずカウンターで合わせ、また背後に位置取ればやつはもう狂ったダメ犬のように何度も後ろ蹴りを連発してくるぞ!足癖のわりーダメ犬だなこいつは!

問題はヤツが卑怯にも武器を手にとっている間だ。そんなデカイ武器を使うなんて卑怯だろ!?攻撃速度や威力が上がるのは勿論、ノーモーションで攻撃にうつることもあるからとにかく油断ならねえ!素手モードのときと同じ感覚で張り付くと顔面ボコボコにされるぞ!こういうときはヴェイパーを中心に落ち着いて立ち回らねえとなぁ!?武器なんか捨ててかかってこいよこいよ!

闘争ジジイはHPも相当高めに設定されているのか中々倒れねーし、火力はデウスヒューナル並でここまでステージをクリアしてきた疲労感もあって集中力が少し鈍ってくる。気を抜くとあっさり持って行かれるから、決して気は抜くんじゃねえ!うぉぉおおお闘争ジジイ!あたしに大人しく斬られろぉぉおぉ!!!


たまちゃんお仕事完了 達成タイム13:34:64



たまちゃん様にかかれば余裕ってもんだよなあぁあぁ!?

達成した感想としては、やっぱりカウンターを積極的に狙っていかないと中々タイムは縮められねえな。ステージ1と2はカウンターを決めやすく集中力も高い序盤だから、ここでタイムをガッツリ稼ぐのがコツなんじゃないかと思ったぞ。前半でしっかり貯金を作ればダレやすいステージ4と5もゆとりをもって攻略できるから、カウンターを決めろ極めろ貴メロ!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加