【PSO2】竜×騎士×槍=すぐ正気に戻りたがる【ハガル】



ごきげんよう、みなさま。おねえさまです。

PSO2のお話。前回のエリュトロンドラゴン討伐において、アークス人生で初めてトップレアを獲得したおねえさま。早速ゴシックな雰囲気漂う「ジルドギローラ」に似合うコスチュームは何かと考えましたら、やはり騎士のコスプレしかないと思ったわけだわ。EP5の舞台も中世ファンタジーな世界ですし、これはもう女騎士になるしかなかったのだわ。

今回のコスプレは堅物で高潔な女騎士をイメージしたため、おねえさまにしてはだいぶ肌の露出を抑えたものとなっております。全体像を御覧ください。一目見ただけですぐさま肌の露出が極限まで抑えられているとお分かりいただけるでしょう。どこからどう見ても礼節を重んじる女騎士であり、大体のモノには負けたりなんかしない自信に満ち溢れた姿が確認できるかと思いますわ。

普段ひyな格好ばかりしているものですから、ここまでTPOを意識した衣装を身にまとえるようになれるとは…おねえさまも落ち着いたものだわ。


肝心のハンターによる戦闘ですけども、ヒーローという現開発陣が力を結集して作り上げた作品を散々遊んだ後なだけに非常に操作に苦戦しております。強化エルサーでレイ武器収集を兼ねてたまにファイターでも遊んでもおりましたが、既存職を遊べば遊ぶほどヒーローの完成度の高さを痛感することになるわね。

こうやって考えるとますますヒーロー実装時に既存職をめり込み下方修正しなくても良かったはずなのです。サモナー使用率のトラウマに取り憑かれたせいなのか、親の仇とばかりに既存職をズタズタに弱体化させてヒーローに救いの道を求めに仕向けたのは完全に悪手でした。一番の目的はポッケのイヤホンコードのように複雑に絡み合ったサブクラスを駆使した火力をコントロールできなくなってしまったから、完全に独立したヒーローで再度手綱を握り直したかったのかもしれませんが。

ともかくアクションスロットのやりくりに悪戦苦闘するハンターとは違い、ヒーローの厳選されたシンプルなPAの操作性は一度知ってしまうと中々元には戻れないものだわ。ゲームパッドでプレイしてもストレスを感じること無くアクションを組み合わせることが出来るのは素晴らしいこと。開発がEP5を背負っていくクラスにするため、手塩にかけて育てていったのがよくわかります。


前回褒めたエリュトロンドラゴンですが、このレイドボスもヒーローを想定して作られたボスなのは明らかでヒーローを相手にするからこそ許されるような動き回りを見せるわ。ヒーローもすばしっこいですがドラゴンもひたすらすばしっこい。エリュトロンドラゴンの機嫌が悪いものなら、一瞬で遥か彼方にまで移動しているなんてこともザラ。PSO2の歴史を振り返れば慣れっこではありますけども、エリュトロンドラゴンに関しては近接クラス遠距離クラス関係ないレベルの移動を繰り返すから質が悪い。既存職全員にストレスを撒き散らす性悪モンスターだわ。

何も考えずに討伐したいのであれば、大人しくヒーローになってクエストを受注するのが一番でございますね。不幸中の幸いか難易度自体はそこまで高く設定されておりません。実際のところはどんなクラスでいってもなんとなくクリアできてしまうのですけど、ヒーローの高速移動でちょこまかと小賢しく動き回るドラゴンにまとわりつけると、何かとても凄い戦いをしている感が出て楽しいのは間違いないわ。全てが嫌になったらラコニウムソードを独占してラノベ主人公ばりの能力者バトルを繰り広げればOK。


現在はドゥドゥ弱体化キャンペーン中でございまして、竜退治も大事ですが商売ももっと大事でございます。今回は前回の予算を更に上乗せした金額の200mを目標として売り込みを続けておりますが…どうにも売れ行きがよろしくありません。ただでさえハガルという田舎シップ暮らしだといいますのに、EP5に入ってからのヒーローショックでアークスの離職率はゲージMAXの怒りMAX。いくら商品を在庫として貯めたところで、それを購入してくださる消費者がいないのであれば意味が無いわ。全く…なんてことをしてくれたのというの!

もう5年も続けているゲームですから、個人的には今更誰かと仲良く交流を深めたいなんて願望はなくなっております。ここから上がり目もないでしょうし、後は自分が気の済むまで遊びつくすだけでございます。しかし、だからといって過疎っていいかというとそれは別問題でございまして、私がしたいことがしっかりと遊べる程度の人数は周りにいてもらわないと困るのだわ。例えばEP5のメインコンテンツであるはずのバスタークエストに人が全くいないとかね。ナンナの一体、ハガルはゴーストシップだとでもいうの!?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする