【インサガ】第三回選択ガチャ選考会



ごきげんよう、みなさま。おねえさまです。

先日まで開催されていた風の試練の結果はこのような進捗で終了しております。試練シリーズに関しては報酬にテコ入れが行われない限りはもはやモチベーションはございません。数少ないDMMユーザーのために参加だけはして分母は増やしておきますけども、もういい加減試練はいいでしょう。

そもそも不評だった「コンバットイベント」を削除して後釜である「トレジャーハント」を実装するつもりでいたようですが、まさかここまで実装が延期されるとは思わなかったわね。こんなに長い間空白の期間が出来るのであれば、普通にコンバットイベントを開催していてほしかったわ。まさか通常のイベントと試練をひたすらローテさせるとは予想していなかった。

約束の12月に突入いたしましたから、ここまで延期してデザインを調整しているイベントでございます。さぞかし「トレジャーハント」は面白いコンテンツに育っていることでしょう。疑似対人要素が嫌われていたからコンバットは不評を買っていたわけですけども、トレジャーハントも対人系のデザインのようで転生させる意味があまりないような気もいたしますが。

とはいえ、対人要素を排除してしまったらコンバット帝たちの存在意義が消滅してしまいますので、どうあがいても対人要素からは逃れられないのであります。





気分を変えて欲望のお話をしましょう。全くインサガの情報を追うことがなくなったせいで、突然このようなイベントを盛り込まれていたことに驚きました。毎度お馴染みの帝キャラ選択チケットの儀でございます。

基本的にインサガは有象無象の帝キャラが実装されているせいで、好みの帝キャラを一本釣りすることが大変に困難な状況でございます。幸いにもピックアップに指定された時の確率は高めに設定されておりますので、ピックアップさえされてしまえばすり抜けるということはあまりないわね。

しかし、ピックアップを消化してしまうと次ピックアップされるのは何年後の話になるかわかりません。つまりこういう選択チケットはもう二度と戻らない過去を取り戻るファイナルウェポンなのでございます。このご時世皇帝レベルでは既存の主力組を押しのけて周回入りすることはほぼ不可能ですから、ここからは天帝候補になる家臣たちを見てまいりましょう。





実用性と趣味を兼ね揃えた天帝候補筆頭の零姫。3値91%超えと頼もしい成長を遂げてはおりますが、HPは90%に届かず攻撃が非常に伸びているというちょっと詐欺紛いの90%超えステータスなのが気になるところ。

プチ改造ヴァーミリオン・サンズを携えており、研究所には威力500overのトルネード持ち家臣が転生する日を待ちわびている状態で、優秀な奥義持ちというのも相まって今の主力組と何ら遜色ない強さを手に入れることが可能だわ。今の主力組に欠けている雷属性の大技を所持できる時点で相当な戦力アップが見込めます。

懸念材料としては妖魔ロールが人間ロールと比べて貧弱なところと、ほぼ似たような性能のエレノア(棍棒)も自軍に控えているというところね。改めて見直してステータスもちょっとケチの付け所が存在するのが悩ましい。こうげきとぼうぎょの値が反対だったら即採用だったのだけど。





帝キャラでありながら安定して周回メンバー入りを果たしている浴衣クローディア。こうげきの成長を犠牲に防御と素早さのカンストを達成している尖ったステータスはさておき、改造済み練気掌とボスをねじ伏せる連携発動奥義が彼女の強みね。道中の雑魚散らしからボス戦での火力担当も兼任と全てを賄える頼もしい存在だわ。

相手を痛めつけることを良しとしない攻撃力の低さをカバーする意味でも天帝化をさせる意味はありますし、今後腐ることも現時点では考えられない。バランス型であるため周回からボスコンテンツと幅広く活躍の場があるのも大きな魅力ね。強力なトルネード持ちの零姫とは違い、改造練気掌程度では道中での短期突撃役は期待できませんが縁の下の力持ちとしては零姫と甲乙つけがたいわねえ。

唯一のケチの付け所は基本コマンダーであるレスリーの加護を受けられないところ。分岐中であってもコマンダー効果が発動するようになったおかげで、意外と無視できない要素だったりいたします。以前であればコマンダー効果無視の編成が当たり前だったのだけど、ここだけがちょっと引っかかる要素ね。





天帝化させることで一気に活躍の場が広がるといえば古代人ワグナスも捨てがたいのよね。ボスに多い竜族を確定で攻撃デバフを撒けるようになるのはとても魅力的。問題は道中を任せられるほどの改造済みの術が、ワグナスの属性だと何もないということ。道中の戦力としてはかなり不安を残す感じでございますから、やはり採用はピンポイントでの起用になるわ。そういう子に選択チケットを消費するのはちょっと勿体無いところだわ。





こちらは先程話題にも上がったエレノアさん。良成長さえしてしまえば憑依込みの零姫と遜色ないステータスな上、人間ロールを所持できる分小回りがききやすい存在でございます。しかし、良成長に育ってくれたらという前提がまずインサガでは死亡フラグですし、零姫と違い奥義が役立たずであるためトルネード専用機になってしまうのがいただけないわね。

そもそも見ておわかりの通りロールすらもろくに育っていないということは、ここまで我が帝国にエレノアさんがきてから355日経過しているわけ。それまでの間全く出番のなかったキャラが、天帝化して活躍するのかといえば………しないわよね、正直。だって355日戦場に立たなくても困っていなかったのだから、我が帝国は。





実用性を捨て愛を取り戻すのであれば選ぶのはプルミエールということになるでしょう。同期でもあり我が帝国の旗揚げメンバーであるようせいちゃまは今でも現役のシリアルキラーとして戦場を真紅に染めているのに対し、プルミエールの凋落ぶりといったら悲しいったらありゃしないわね。当時流行っていた複数の属性を奥義に付与された完全なる被害者ではあるのだけど、一年経っても複属性持ちって使いづらいことに変わりはないのよね。

プルミエールの場合は天帝化させることで奥義が斬、熱、植物特効持ちという自然絶対破壊者としての地位を築けるものの、そこまで植物系エネミーを目の敵にすることはないしそもそも斬属性と熱属性は使い手が飽和しているのが一番まずかったわねえ。あなたの代わりはいくらでもいるのよ、プルプル。


そんな感じで今のところの候補は零姫と浴衣クロの一騎打ちとなっております。とりあえずは年末年始のガチャの動向とトレジャーハントの中身も加味して決めるのが良いわね。年末年始のガチャでどちらかがうっかり出てくれたら何の迷いもなく選べるのだけど。そして今更ながらDHシステムというものが今後実装されるかもしれないのね。これは久しぶりにインサガに関心を持ってもいい流れになってきたかしら?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加