【デスチャ】デビルランブルから逃げてはいけない



ごきげんよう、みなさま。おねえさまです。

デスティニーチャイルドのお話。すっかり存在を忘れられていると思われていたデビランが、本日リニューアルオープンをいたしました。とはいっても、報酬内容が豪華になったくらいで中身に関しては特に変化はございません。以前はせっせとプラチナで修行を重ねていたおねえさまではございますが、いつのまにか日課から逃げるようになりすっかりと堕落した生活を送っていた次第。デビランから解放されるなんて…最高だわ!

しかし、報酬にカルタチケットをつけられたとなったら話は別よ。目先の利益には滅法弱いおねえさまでございますから、数ヶ月ぶりにデビラン復帰を果たすことにいたしました。

それ以外にも現在のデスチャは10連チケットやカルタチケットの実装により、以前ほどプレイヤーへクリスタルを配る機会がなくなっております。昔はデビランのクリスタル報酬など無視できる程度には配布されておりましたが、今の渋り具合を考えるとデビランの石回収はそろそろ視野に入れておかないと、無課金微課金勢は徐々に差が出てくるかもしれないわね。

というわけで、運営の煽りに乗って久しぶりにデビランを頑張ろうではございませんか。


それゆけ!むちプリ暴力隊!



ゴールドリーグからの復帰戦となる今回はこのようなメンバーを選抜いたしました。御覧ください…一応夢に見ていたデビランで活躍できるスペックの完凸チャイルドで編成を組む、という趣旨のチームを実現することが出来ました。これもひとえに先日のおっぱいバレーでオルガの鬼凸があったおかげね。

昔は廃課金しか完凸編成など無理に決まっている!と憤慨しておりましたが、それなりに日々頑張っていれば恒常キャラに関しては完凸できるバランスであるのがデスチャね。そういう意味ではまだまだ課金に積極的でないプレイヤーにも十分に配慮されているものに踏みとどまっていることになるわ。いい子ね運営ちゃん。






むちプリ隊のエースであるクレオパトラ。HPが低い敵を優先的に狙う、防御無視ダメージ持ち、スリップダメージデバフの「呪い」持ちというデビランのアタッカーに必要なものをしっかり揃えている優秀な女王。呪いを強化する「STF」のおかげで2ターン目には誰かしらは落としてくれる超火力が魅力ね。中毒ディーラーと合わせれば、忍耐持ちのシュリンクスを相手にしてもさほど苦戦せず削っていけるのも見逃せないポイントでございます。





デビラン界で最も中毒を撒き散らしているであろう危険生物エリシオンも今回はスタメンに名を連ねております。HPの低い敵3体に強烈な中毒付きのダメージを撒き散らす鬼畜の所業に、一体今まで何人の魔王候補生が枕をしんしんと濡らしてきたことか…その数は想像を絶することでしょう。例に漏れずわたくしもその中のひとりであり、そんな傷を持っている私がエリシオンを使う理由は…やられたらやり返す!100倍返しよ!の精神よね、もちろん?

装備しているカルタはモアですが…おねえさまフリークの方であればおかしなことに気づくかもしれません。そう、あれだけモアだけが重ならないと嘆いていたくせにしっかり2凸までしているではありませんか!と。ですが、ご安心ください。この2凸目はたくさんのカルタたちを食べさせて無理やり凸を達成させた、血の限界突破なのでございます。デビランのために多くの犠牲を払ったのよ私は!そんな私を一体誰が責められて!?

ちなみに、すごろくでイブをゲットできればイブも完凸達成となりますので、エリシオンはポイーとなります。えぇなりますとも。





タンスの角に小指をぶつけて苦しんでほしいチャイルドNo.1のオルガもスタメン入りでございます。オルガに対抗するにはオルガをいれるしかない、というクソゲーの極みを発揮していた張本人ですが今回の採用理由も同じ。しかも今回は完凸状態ですから、相手をイライラさせる力は更に強く巨大になっているわ。

相変わらずヤケクソな強さを発揮しているオルガですが、実際デビラン以外でこの子が活躍できるコンテンツなどもはや存在しないため、今となってはこれくらいでも許してあげていいのではないかと寛容な精神を持つようになっております。いや、許されていいはずがありません。当時どれだけの悪逆非道を繰り返してきたか…オルガとモアに何度煮え湯を飲まされてきたか…あの悔しさを忘れてはいけないわ!

忘れないためにも、今度は私が心を鬼にしてオルガを使っていこうと思います。えぇ、後世に私達の苦しみを伝えるためにも、記憶を風化させないためにもきっちり使っていきますわよ、えぇ。カルタは雰囲気で選びました。こっちが沈黙になって相手を沈黙にできなかったら悔しいじゃない。やられたらやり返すなんとか返しだ!の精神よ。





言わずとしれた加速の女王ことコウガちゃん。最近やたらかぶり始めて愛の重さに戸惑い始めたり、Nモナやアネモネといった加速バッファーの対抗馬が誕生したりとコウガ王朝に陰りが見えはじめてきたものの、さすがに完凸までしているとそうそう下剋上は起きないのが現状ね。

デビランに限っていえばコウガのドライブスキルも非常に優秀で、最も使っているのがコウガのドライブスキルなのは間違いないわ。序盤中盤の加速要員、終盤のロック要員と獅子奮迅の活躍を見せるコウガはさすがリセマラ組の威厳を見せつけているといってよいわ。まだまだ頼りにしております。

カルタに関しては完全に個人的な趣味。こんな卑猥なカルタを使わないなんて…大いなる損失だと思わない?こんな魅惑のおっぱいを使わないなんて、デスチャを遊ぶ資格などないのよ!





むちプリ隊いちばんの問題児の登場。完凸させても散々使えないとおねえさまにこきおろされていた不遇の白い悪魔ですが、今回はしっかり戦力として機能しているから何が起きるか分からないわね。

以前と比べてディアブロが機能している最大の理由は、環境に溢れていた シュリンクスと不愉快な仲間たち が衰退したことに尽きます。この構成相手ではディアブロが受け止める攻撃がエリシオンしかいなかったため、味方が沈黙したり石化している横で迫真の挑発をしている…という非常に滑稽な空気を作っておりました。が、今回はディーラー2体編成が多く見受けられ、ようやくディアブロの挑発が真価を発揮できる環境になったのでございます。とうとう時代がディアブロに追いついたのよ。

ディアブロの最大の強みはノーマルスキルで挑発が張れるところ。一度挑発を張ってしまえばディアブロが次々ダメージを受け止めることでスキルゲージが加速し、結果的に常時挑発を展開できる状況を作り出せるところね。こうなるとダメージディーラーの攻撃を基本的には通さなくなるため、パーティの生存率が格段に上昇するということだわ。勿論いろいろと弱点はあるのだけど。

カルタは雰囲気です。しかも完凸できておりません。完全に雰囲気です。



ディアブロはやればできる子




シルバーから一気にゴールド最上位まで駆け上がった結果がこちら。どういう編成に負けるのか手当たり次第因縁をつけて勝負を挑んでみましたが、意外とすんなり勝ててしまったわ。

常に圧勝というわけではないのだけど、基本的にディアブロの挑発が先手を打てれば圧勝コース。先に相手ダメージディーラーに動かれると少し怪しくなる…といった具合。ディアブロが先制できるかどうかが、この編成の一番の勝負どころだと言えましょう。

挑発さえ張ってしまえば、後はオルガが適度に足止めをしながらパトラ子とエリシオンで猛攻をしかけ、2ターン目には大体2体は落とせている状況が作れます。それと同時にドライブスキルもうてるようになっているため、コウガのドライブを発動させて残りの3体を長時間気絶させる。もしも気絶できなかったらオルガで沈黙させる…というソフトロックをかけ相手に何もさせない感じのまま押し切る…というのが勝ちパターンでございました。

負けた2戦はどちらも高凸のダナとシュリンクスが存在していたのが辛かったわ。完凸しているダナのスキルが発動すると、防御無視ダメージがないエリシオンが全く火力に貢献できなくなるのが敗因だったわ。モタモタしている間にシュリンクスのリジェネで回復され、押しきれないままこちらがジリ貧で負ける…という試合状況だったかしら。高凸相手になると3体に中毒をばらまくよりは、2体に絞って高火力を出せるイブが欲しくなるわねぇ。

今週からは主戦場がいよいよプラチナ帯になりますが、そこまで変わらないとは思うのよね。結局シルバーにしろゴールドにしろある程度私の戦力値に近い相手が選ばれておりますから、結局80000台の相手が選ばれておりましたし。たぶん大丈夫じゃないかしら。

何はともあれ思いの外うまく回ったのが良かったわ。一応思い入れのあるディアブロが輝けたのが一番の収穫でございましょう。私のボックスに押しかけてきた甲斐がありましたね。


おや……ディアブロの様子が………?




おめでとう! ディアブロは 肉じゅぱんを脱ぎ捨て おねえさま好みの卑猥な体になった!!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする