【デスチャ】カワイイカワイイフルムーン



ごきげんよう、みなさま。おねえさまです。

デスティニーチャイルドのお話。こちらでも番宣でございます。デスチャ公式ブログにて始まった新企画「ニュース666」という不吉極まりないネーミングの番組で取り上げて頂きました。ドンドンパフパフ。

内容に関しては是非ともリンク先のページを皆様でご確認いただければと思うのですが…出演したからといって、特別おねえさまが運営に乗り込んで「だからデスチャはダメなのよ反省しなさい」と数時間に渡り講釈を垂れたわけでもなければ、フラッシュライトを浴びながら「だからデスチャはダメなのよ猛省しなさい」と運営を跪かせていたわけでもございません。悪魔目線からみた魔王候補生としての私の生態を面白おかしく紹介したといった感じね。

私をお尻星人に仕立て上げておりましたけども…元はといえば運営がお尻丸出しのチャイルドを立て続けにピックアップしているからでしょ。私からすれば嵌められたと言わざるを得ないわ!大体私は卑猥なものならお尻でもおっぱいでも太ももでも何でも消化できるハイスペック仕様なので、別にお尻でないとエクスタシーを感じないわけではありませんから…皆様誤解なさらないでくださいませ。


完全なるフルムーンの誕生



素敵なデスチャ風物詩であるお尻叩き祭りが絶賛開催中のラグナブレイク。お尻お尻!とただ騒いでいるだけに見えるおねえさまでございますが、当然ながらやることはしっかりこなしております。ここまで★5は5体にアナザースキン1つと非常に順調な滑り出しを見せているわ。スキンに関してはイベント中クリスタルを割ってでも周回するつもりであれば、遅かれ早かれいずれは複数入手できるものなので騒ぐほどではないものの…

今回のラグナブレイクでの唯一といっていい明確な目標であったコウガ獲得を達成することができたことはとても喜ばしい限り。初期の★5排出率1%時代にせっせとリセマラに勤しみ、ようやく獲得したコウガには初期メンとしての思い入れは少なからず持っております。凸数次第で序列があっさり変わるデスチャ界において、ここまでポジションを守り続けてきたコウガの功績は賞賛に値することでしょう。

コウガ完凸までの道のりはかなり紙一重だったかと思います。まず複数開催されたコウガピックアップガチャは全てヒットすることはありませんでしたし、狙って獲得できたのは確実にゲットできるリセマラとシェアガチャの2回だけ。事実今年の2月あたりにはマヤウェルが早々に完凸してしまい、コウガよりもマヤウェルのほうが仕事するのでは…とスッキリしない疑問を抱えながら採用していた時期もございました。

この引きの弱さを圧倒的に期待値の低い配布チケットやWBで取り戻すというのが私のお約束でしたから、引きが強いのか弱いのか…よくわからない感じで凸を重ねてここまできておりました。同じリセマラ組であるダナは光レイドを消化したにも関わらず未だ1凸から進んでいないのだから、コウガが6凸まで行けたのは本当に紙一重の出来事だったと思います。振り返ると結構ドラマチックな展開だったのではないかしら。

何はともあれ最も信頼を寄せているコウガの完凸を達成できたことで、今回のラグナブレイクは私にとってはもはやボーナスステージとなりました。アレが来ないコレが来ないとヤキモキしながら箱を開ける作業からは解放されましたので、軽やかな気持ちで参加できるわ。まだレベル40に到達せず中々加勢してもらえないフレンドを救援することも心置きなく出来ますし、後はたくさん他の★5集めにキャッキャできそうだわ!


2体中毒にされるならじゃあこっちは3体で殴ればいいじゃない…!!!




実はもう一つ良いことがございました。エイプリルフールから続いていた私の湿気たガチャ敗北数が240連目にしてようやく終わりを告げました。エイプリルフールから連敗ロードが始まったというのが何ともバカらしい出来事ですけども、いい加減記録が途絶えてくれないかと飽き飽きしていたので助かったわ。

で、あれだけ散々デスチャは凸数が全てと言っておきながら、どうしても自請妃を試したかったので思わずガチャをしてしまったわ。こんなの絶対結果は出ないと分かっていながらも試してしまうのは、バリのだらしないお尻を叩くメンバー構成が未だしっくりきていなかったから。特にリーダースキル枠が不在というのが私のモヤモヤを加速させていったのだわ。

早速自請妃をフル強化し実践に投入してみましたが…弱いわ。普通に弱いわ!いくらレイド特化型とはいえ、0凸など話にならないという事実を再確認しただけに終わりました。やはり完凸しているコレーには遠く及ばない貢献度に泡を吹いて倒れそうになりましたが…ただでは転ばず抱きついて道連れにするのがおねえさまの本領発揮よ。わざわざ引いた自請妃をコレーの噛ませ犬で終わらせるにはあまりに可哀想ではありませんか!

実は自請妃を採用したかった大きな理由の一つが、スライドスキルにドレイン効果があるということでした。現在の編成では回復過剰なところがあり何とかヒーラー枠を1体に縮小させて、ディーラーを増やしたいと考えておりました。私の手持ちでそれを実現させるには、ディーラーが自己メンテナンスできるタイプでないと難しかったのよ。クランプスに守護神コウガ…そして今回の自請妃ね。





そうして試行錯誤して新しく生まれ変わったバリのお尻叩き隊がこちら。前回でも触れましたがLV40バリの2体を中毒状態にするという嫌がらせに対抗するにはどうすればいいか…答えはそこまで難しくはなかったわ。そっちが2体ならこっちは3体で襲いかかれば良いじゃない!という実に分かりやすい算数問答ね。

今までであれば0凸のディーラーを2体も抱えるなど現実的な編成ではなかったのですが、ソウルカルタという強化要素のおかげでこういった強引な編成もプランの一つとして採用できるようになったのは喜ばしいことでございます。

この編成の重要なところはソウルカルタによる耐久性の強化は勿論ですが、コウガのバフ対象がエラトになるように攻撃力を調整しているところ。エラトが高速でスキルをばらまけるようになったおかげで、パーティ全体の安定感が確かなものになっただけでなく、フィーバー時にメインディーラーが中毒状態で突入するというよろしくない事態を未然に防ぐ回数も増加したことだわ。平均ダメージは120万~130万台と以前の編成と比べ上昇率自体は緩やかですが、120万を切ることが滅多になくなったという改善点がとても気に入っているわ。





もしもエラトの監視の目をかいくぐって中毒を撒いてきたとしても、こちらには数の暴力があるわ!悔しかったらそのお尻で中毒デバフを3体にばらまいてみることね!

こうやってみると守護神コウガのフィーバーダメージはかなり物足りないのが確認できるけど、ディーラー以外が殴るよりはよっぽどマトモでございます。成果としては微々たるものとも言えますが、私が納得できる編成を作ることができたということに意味があるのよ、こういうのは。5人全員がしっかり働いている、誰も余力を持て余していないという編成を作れたことに意味があったわ。

まだ折り返しにもきていないラグナブレイクですが、これからもどんどんだらしないお尻を可愛がってまいりましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする