【デスチャ】アンダーグラウンド極を蹂躙する



ごきげんよう、みなさま。おねえさまです。

デスティニーチャイルドのお話。ハーフアニバーサリーのイベントの一つとして公開されたアンダーグラウンド極に行ってまいりました。事前に運営から高難易度コンテンツと散々煽られておりましたから、きっとそれなりに難しいものに仕上がっているかとは思います。その他の同時に開催されているイベントについてはまた後日。

そんなアングラ極を初クリアするまでのおねえさまのヒィヒィ具合を振り返ろうではございませんか。

前 提



アングラを攻略する上で重要な仕様が2つございます。

一つは戦闘中にエスケープからバトルを終了するを実行すれば、戦闘結果を反映させることなく戦闘をやり直せるということ。これはアングラに限らずナラティブダンジョンでも有効な小技なのですが、不慮の事故で自チームのチャイルドが倒れてしまった場合に終了させることで戦闘前の状態に巻き戻ることが可能でございます。

最終駅のクロセル戦は勿論、道中戦においてもタイミングが重なると味方チャイルドを落とされたり…ドライブスキルゲージの調整ミスといった想定していた試合の流れとは違う結果が起きることがままあります。そういうときは一旦バトルを終了して仕切り直し、再度挑戦し理想の試合運びを作り直すことが重要でございます。

2つ目は制限時間5分を使い切ると表示ではゲームオーバーとなるものの、戦闘結果はしっかりと反映されたまま戦闘が終了するという仕様。一見するとその戦闘で使用していたチャイルドたちは使用不可になると思いがちですが、HPやドライブゲージなどは全て持ち越した状態で再度出陣できるのだわ。

極論を言えば5分間戦い抜ける構成さえ作ってしまえば、何度も挑戦し確実にクロセルを撃破できるというわけでございます。ですのでクロセル戦におけるパーティ構成はダメージを与えることも重要でありながら、連続で戦闘できる戦闘継続能力も非常に重要となるわけですね。エクスペンダブルズを作る必要などないのです。

この2つの仕様を駆使し戦闘内容を存分に厳選しながらクロセル討伐に向け、皆で頑張ってまいりましょう。



道中での殴り合い



クロセルまでの道中はこの構成で全てゴリ押ししております。レダとマアトというデスチャ界のカップリング率No.1とも呼べるコンビ愛のおかげで、よほど攻撃が偏らなければ味方を落とすことはない安心感がウリ。時たま相手の機嫌が悪いとディーラーが落ちることもありますが、そういうときは小学生のようにリセットボタンを押しなかったことにすればOK。こんな都合の悪い記録…私がもみ消してやるわ!

クレオパトラとマフデトのコンビも我が家の定番。HPの低い相手を優先的に狙えるおかげで確実に頭数を減らしていけるのが最大の強みで、相手戦力を孤立させドライブゲージを調整し次に突入するのがベターであるアングラでは非常に重要な攻め方でございます。当然ではございますが、アングラ極では戦闘を駆け抜けてはいけません。相手戦力を孤立させたらじわじわと削り、味方の状態を万全にしドライブゲージも貯めきってから突破いたしましょう。

理想はフィーバータイムに突入する階層も固定できると良いわね。ステージの中には挑発タンカーなどがいて戦闘を長引かせて消耗戦に持ち込まれる構成が存在します。そういう厄介な階層はフィーバータイムを発動させて挑発タンカーなどを一気に吹き飛ばせると理想でございますね。

最終駅の手前エリアである「シンバシ」ステージは非常に強力な構成が出現いたします。無傷で乗り切ろうとするとかなりの厳選を必要とする厄介な階層ですが、基本的にレダとマアト以外はクロセル戦で使用することはないためここはレダとマアトを外してとにかく相手を削りに行きます。相手を弱らせた後に第二陣を編成し、ドライブゲージなどをしっかりを調整してから突破いたしましょう。



本丸を攻め落とす



今回の問題児であるクロセル戦。HPは100万以上、攻守ともに凄まじいステータスを持ち時間系や無力化系のデバフを受け付けない鋼のボディがウリの記憶喪失ガール。初対面の我々に向かって「教えてくレ!私は誰なんダ!?」と言いながら殴りかかってくるはた迷惑な女だわ。記憶がないからって八つ当たりはどうかと思うわね、私は。

クロセルはとにかく硬い。HPが100万あるだけでなく、英龍の守りでも常時張っているのかと思うほどの硬さ。弱点属性でマウントをとってもすんなりダメージを通せないと考えて良いわ。ここで勘の良い方ならピンときたかもしれませんが、非常に高防御力の火属性チャイルド…という条件から攻略する方法はアレしかございませんね?





このゲームの敵は何故か中毒に対する耐性は無頓着のようで、防御力を無視して固定ダメージを与えられる中毒ダメージが活躍するということでございます。中毒デバフには中毒中に攻撃をしたりされたりすると固定ダメージが追加でプラスされるという仕様がありますので、フィーバータイムで中毒ダメージを一気に蓄積させて削るというのが今回の戦法となりました。運営の中毒推しは凄まじいことだわ。

通常はレダとマアトのレズコンビで敵の火力に対抗できるのですが、相手のドライブスキル対策が今回から必須となります。恐らくはランダム4体にダメージ+1000ダメージの出血デバフをランダム3体に付与するというもの。出血デバフによるダメージは計6000にも及ぶため、ドライブスキルダメージに耐えた後は出血ダメージと相手の通常攻撃にも耐える準備が必要というわけね。

その対策として白羽の矢を立ったのがダナ。ダナのスライドスキルは勿論のこと、相手のドライブスキル発動直前にダナのドライブスキルを発動しダメージを最小限に抑える努力をいたします。万全を期すのであればダナのスライドスキル→ドライブスキルと繋ぐことが出来れば完璧でございます。

ベルセポネはいつも通り攻守の要。攻撃力低下デバフと弱点属性増加デバフを同時にまけるのはやはり便利。しかし、そのせいで出血対策を入れることができていないのがこの構成の唯一の不安要素でした。普段のクロセルのスライドスキルでまかれる出血デバフはレダマアトで完封できるのですが、ドライブスキルからの出血ダメージをカバーするのはギリギリの状態で相手の機嫌が悪いと立て直すまえに落とされることが今後起きるかもしれないわ。





最終的にここまで1凸ダナを削られたこともあります。これはダナのスライドスキルをいれずに相手のドライブスキルを受けてしまった、という私のローテミスもあったのですが、めぐり合わせによっては落とされることは十分に考えられます。やはり出血による6000ダメージをカバーするのは中々に骨の折れる作業でございます。

ですから、マアトを外しエラトや雪ミクといった出血対策チャイルドを編成したほうが安定感は向上するのではないかしら。出血解除できる対象数が2体で、確実に解除できるわけではないというのが非常に気がかりですが…………どちらが安定するかはもはや運によって変わるとしか言えない気もするわねこれって。

属性相性的にマルスも悪くないとは思ったのですが、スライドスキルに防御力UPバフがないこととドライブスキルの防御力UP効果がダナよりも10%低いというのが採用を躊躇させたわ。属性的にも本人にリジェネをまけるというスキル性能からも、バリアタンカー本人としての生存率はダナを圧倒しているけど、パーティ全体と考えると…厳しいところね。ここにきて前回のレイドでダナを全く凸できなかった弊害が出てるじゃない!





この編成だとほぼ二回戦闘をすればクロセルを倒せるくらいの火力は出せるのですが、三回になってもよいから安定感を重視したいわね。マアトというよりはベルセポネを出血対策チャイルドに代えてしまうのが一番の近道かもしれないけども、現在はこちらが3回フィーバータイムに突入できるのに対し、あちらはギリギリ1回だけ。つまり一回耐えてしまえばそれでよいのだけど…これを安定させるのがこのイベント中一番の試行錯誤ポイントになりそう。

ソウルカルタという新しい強化要素が実装され、ガチャ以外での入手方法となるとこのような期間限定のイベントに励むしか無課金微課金が集める手立てはなさそうな感じがいたします。今後の展開次第ではありますけど…やっぱり新要素はたくさん集めてみたいものじゃない?ガチャなどで集める気はサラサラありませんので、イベント中はクロセルちゃんのお尻を叩き上げていこうかしらね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする