【デスチャ】初心者におくるリセマラのオススメ 18年5月版

※本記事は「2018/05/01」時点の環境を元に考察した内容となっております。

スマホアプリ及びDMMゲームである【デスティニーチャイルド】のリセマラ情報を掲載いたします。サービス開始当初から続けている管理人が考えるオススメキャラとなっており、どのパーティでもどのコンテンツでもなるべく腐らない汎用性の高いキャラを軸に選抜しております。他サイトでも公開されているリセマラランキングなどと一緒にリセマラを行う際の参考にご活用くださいませ。

リセマラを始める前に


現在ゲーム内でリセマラを実施できる機会は以下の通り。

・新規IDに配布される2000クリスタルによる10連ガチャ×1
・新規IDに配布される★5確定チケット×1枚
・公式イベントによるドキドキ!★5シェアガチャ





オープニングのイベント戦を終え、アニメをスキップするとこの画面となります。通常はストーリーに進みそのままチュートリアルを続けることとなりますが、ここでチュートリアルを一旦中止しすぐにリセマラ作業を行える小技を。

上記画面時にストーリーアイコンをタップしたら、ストーリーモードに移る前に左上にある告知バナーをすぐさまタップいたしましょう。成功するとストーリーではなく、タップしたバナー先に移動することとなります。後はそのままホームに戻れば一時的にチュートリアルを中断することができ、リセマラ作業を行うことが可能です。もしも失敗してストーリー画面に進んだ場合は、一度アプリを再起動すれば再び上記画像と同じ場所から再開となります。

後はメールボックスからクリスタルとチケットを受け取りリセマラを開始して、結果次第ではアプリを削除し再びリセマラを始める…という流れとなります。

デスチャのガチャ排出率は最高レアリティの★5が1%というのが基本となっております。しかし、このゲームでは頻繁に排出率3倍UPの★5率3%イベントを行っており、当然ながらこの時期にリセマラを行えるとリセマラ厳選が相当楽になるかと思われます。

ただ、弊害としてこのような排出率アップイベントの際はピックアップイベントも同時に開催されていることがあります。その対象次第では本項でオススメするリセマラキャラが排出されない可能性があることも留意していただきたいと思います。リセマラをする際は必ずガチャアイコンの右上にある「召喚確率」を確認し、排出されるかどうかを見ておきましょう。その他にもピックアップの影響を受けない恒常ガチャも用意されておりますが、こちらは基本的に★5排出率が1%のままであるためリセマラで使用するのは不向きです。

ドキドキ!★5シェアガチャイベントはツイッターを利用し、実質好きな★5チャイルドを獲得できる内容となっております。何度でも引き直しが出来る★5確定ガチャですから、当然ながらリセマラの締めとして最後に行うのがベストでございます。

10連ガチャはその時のピックアップ内容に左右されるため評価は難しいですから、基本的には★5確定チケット+シェアガチャで目当ての★5キャラを2体確保することがリセマラの最低ラインと考えて良いでしょう。10連ガチャをどこまで厳選するかは各々によるかと思います。

最後にこのゲームはキャラを重ねて強化する限界突破システムを採用しており、最大6凸まで可能となっております。最大強化まで辿り着くには同じキャラを7体確保しなければいけない、まごうことなき凸ゲーでございます。序盤中盤をスムーズに攻略していくためにもリセマラは必要ではあるものの、最終的にはどのキャラを凸出来ていけるかが最も重要となってまいります。引きによってはリセマラで確保したキャラが控えに回ることも。

結局は道中の引き次第でございますから、あまり根を詰めてリセマラを行うのはオススメいたしません。ある程度は妥協しサクッと始めてしまうのが宜しいでしょう。

リセマラで狙いたいおすすめキャラ


コウガ … 水属性 / 補助型
どのパーティにも必要な「加速バッファー」というポジションの最上位キャラ
最も攻撃力の高い2体がバフ対象となるため、装備品による調整が行いやすい
ドライブスキルは高確率で相手キャラを気絶させるためいざという時の保険となる

パーティのスキル回転率を上げる「加速バッファー」という役割を持つコウガ。どんなパーティにも採用され、あらゆるコンテンツで腐ることがない最も汎用性の高い能力が最大の強みとなっております。

コウガのスキルはパーティ内で攻撃力の最も高いキャラ2体のクールタイム時間を減少させ、スキルチャージ量を増加させるというもの。平たく言えば攻撃力の最も高い味方2体にヘイスト効果を付与すると言うことでございます。一人で二人分のスピードを加速させることが出来るのですから、単純にアドバンテージが取れるというものです。

前述の通り大体のパーティにはこの「加速バッファー」と呼ばれる役割のキャラを採用いたします。そのポジションにおいて最も性能の良いキャラがコウガということになりますので、コウガを引いておけば今後どんなパーティを編成するにせよ必ずと言っていいほど採用できる安心感があるわね。資産の少ない序盤においてはせっかく引いた★5キャラを腐らせることがないというのは最も重要な事かと思います。

ノーマルスキル、スライドスキル共に加速系の能力であるにも関わらず、その役割はしっかりと棲み分けが出来ているため戦況に合わせて発動スキルを変化させられるのも大きな魅力。それに加えドライブスキルは敵3体にダメージ+高確率で気絶効果を与えるという遅延デバフ攻撃を行えるのも評価するところで、攻守ともに全く隙がない優秀なチャイルドですね。

本家では同じ★5加速バッファーポジションに ブラウニー という強力な同業者が存在しますが、日本版ではそのブラウニーが木属性専用加速バッファーへと生まれ変わって実装されております。パーティ構成を選ばない加速バッファーというポジションに置いては、コウガの独壇場となった形となりこれからも隆盛を極めることになるでしょう。

昨年11月に日本でのサービスが開始されてから、一度も経歴に傷をつけることなく最高レベルの評価を受け続けているキャラでリセマラで狙うキャラ筆頭でございます。



シュリンクス … 木属性 / 回復型
あらゆる危機を凌いでくれる替えのきかない唯一無二のスキル持ち
重ねなくても効果は変わらない破格のスキル性能

忍耐バフという無敵効果をばら撒くことが出来る一風変わったヒーラー。純粋にHPを回復することは苦手としておきながら、それでも非常に高い人気を誇っているのはやはりその無敵バフ持ちという特権のおかげでございます。

シュリンクスの「フラワーバリア」というスキルはHPの最も少ないキャラ2体に「忍耐」というバフを付与する効果があり、これはあらゆるダメージを無効にするという破格の性能を持っております。例え1億ダメージが飛んできても無慈悲に0へと変換するのは圧巻であり、崩壊を瀬戸際で食い止めパーティを立て直すという役目においては最も得意とするヒーラーでございます。

注目すべきはHPの最も少ないキャラに忍耐を付与するという効果を持つのが現時点でシュリンクスしかいないという点で、他のチャイルドで代用することは不可能なのです。おまけにこの「忍耐」効果はキャラを重ねる「限界突破」をして能力値を上げても変化がないことも重要です。つまり0凸と6凸しているシュリンクスが使用する「フラワーバリア」の忍耐効果は同じであり、凸を重ねることよりも持っていること自体に大きな意味がある希少なキャラという点でも尚更リセマラ向きのキャラであるといえます。

勿論凸を重ねてスキルを強化していくと、おまけのようについているリジェネ効果がどんどん強化されていき、後半はおまけとは思えない量のHPを回復させることに。無敵状態で手出しが出来ないままHPをみるみる回復される光景をみれば、誰もがこの天使のような張り付いた笑顔が悪魔に見えることでしょう。

その性能からほぼ全てのアタッカーにとって天敵とも呼べる存在でコウガと並び人権キャラに等しい評価をされていたものの、大きすぎた影響力故に疑似対人コンテンツにおいてシュリンクスを苦手としない構成が大流行する形に。以前ほどの絶望感を与えるキャラではなくなったものの、それでも大体のパーティが未だにシュリンクスを採用していることからも、この子のスペックの高さが伺えるわね。



ダナ … 光属性 / 防御型
味方5体にバリアと防御力UPを同時に展開できる堅牢なスキル性能
バトル全体を通してパーティの生存率を格段に飛躍させる縁の下の力持ち

パーティの防衛が仕事の「バリアタンカー」というポジションであるダナもまた前述のキャラたちと同じくどんなパーティにも採用され、苦手とするコンテンツがないというのが最大の強みでございます。

ダナのスキルは味方5体にバリアを張り同時に防御力も上げるという内容で、このバリアにはHPが存在し敵の攻撃は全てこのバリアが肩代わりしてくれるという感じでございます。パーティの耐久力を底上げするという意味ではシュリンクスと同じ役割ではありますが、あちらはHPの低いキャラ2体のみを対象とするのに対しこちらは5体に効果があるという違いがございます。

シュリンクスの「フラワーバリア」ほど決定的な効果ではありませんが、あらゆるタイプのチャイルドを守るという意味ではダナよりも優れたキャラは現状存在しません。ダメージを肩代わりしてくれるバリアの効果は勿論ですが、防御力UPのバフ効果がパーティの生存率を更に高めているポイントとなっております。短期決戦型の戦闘コンテンツであるデビルランブルでは、ヒーラーの代わりにダナを採用して戦うプレイヤーもいるほどパーティの耐久力を高めてくれるのです。

直接ダメージを与えることを得意とするピュアアタッカーをカモにするという意味では、シュリンクスと非常に似たポジションにいるチャイルド。また、コウガと同様にパーティ編成に困ったらとりあえず入れておけば仕事をしてしまうほどの万能ぶりはさすがでございます。



オルガ … 水属性 / 妨害型
相手を行動不能にする凶悪な沈黙デバフをばら撒く
デビランにおいて圧倒的な使用率を誇る遅延妨害型の最上位キャラ

メインコンテンツの一つである「デビルランブル」において圧倒的な使用率を誇るキャラで、どんな編成であれ入れておけばとりあえず仕事をしてしまうほどの優秀なデバフキャラ。オルガが得意とする沈黙デバフはランダム2体を数秒間行動不能にすると共に、溜まっていたスキルゲージをリセットするという悪意の塊のような性能を持っております。額面だけではイマイチ強さが伝わらないものの、実際相手として出てくると嫌というほど強さを実感する、典型的な使ってみて初めて強さが分かるタイプのキャラでございます。

ターゲットも沈黙発動もランダムで確実性はほとんどありませんが、一度でも決まると相手の足並みを一気に崩すことが出来るのはさすが。スキルゲージをリセットするという強烈なおまけ効果のおかげで、実質沈黙に対しての対処法が存在せず、オルガに対抗するにはこちらもオルガを使うしかないという現状がオルガの凶悪さを物語っております。相手のスキルゲージチャージ速度を常時低下させるリーダースキルも凶悪で、短期決戦スタイルであるデビランにおいては上位プレイヤーたちに最も採用されているリーダースキルといっても過言ではないでしょう。

デビルランブルにおいては所持していたら必ず入れておきたいほどの影響力を持つキャラで、ストーリーやイベントでも遅延キャラとしての活躍は大いに見込めるデバフキャラの申し子です。


クランプス … 木属性 / 攻撃型
2連打x2回のスライドスキルが強く、同時にドレイン効果もあり生存率が高い
水属性の優秀なキャラが多い現環境においてマウントの取れる木属性である

ダメージを与えることを仕事とするアタッカー部門は絶対的な存在はおりません。属性相性が重要なゲームデザインであり、使用するコンテンツによっていかようにも変動いたします。そんな中「ヘスティア」「イブ」「クランプス」「マフデト」「フレイ」は各属性の全体攻撃ドライブスキル持ちとしてそれぞれチョイスいたしました。序盤中盤をスムーズに攻略したいのであれば「全体攻撃の効果があるドライブスキル」持ちを1体はパーティに採用したいところでございます。

この中でどれが良いのかと言えば正直ここは見た目の好みで選んでしまってよいでしょう。シュリンクスでの説明を例に取るとするなら、アタッカーはどれだけ限界突破出来ているかが特に重要なポジションであるため、今後の引き次第でいくらでも変わるであろうメインアタッカーをリセマラで吟味する必要性は薄いわ。ですから、見た目で選んでしまったほうがモチベ的にも宜しいのではないかしら。

あえて選ぶとすればピュアアタッカーであるクランプスかフレイをオススメいたします。どちらもダメージを与えることに特化しておりますから、パーティ編成に左右されずに採用できる強みがございます。ヘスティア、イブ、マフデトはデバフ効果付きのダメージを与えるため、そのデバフ効果を活かせる編成を組まないと真価を発揮しづらいわ。手持ちの駒が少ない序盤ではパワー不足に感じてしまうかもしれませんね。


おすすめするリセマラキャラのまとめ


全体的にアタッカータイプ以外のキャラをオススメする形となりましたが、理由は前述の通りでございます。コンテンツによって適正キャラが目まぐるしく変わるポジションであるアタッカーは、リセマラで厳選するには不向きであると考えております。

現在の運営スタイルはクリスタルや召喚チケットをそれなりに配布してくれておりますから、道中で引いたアタッカーを上手く利用していくのが一番効率的かと思います。何より限界突破が大切なタイプである以上、★5よりも★4アタッカーがメインになることも珍しくなく、無理にリセマラで狙う必要はないと判断いたしました。


以前のオススメリセマラキャラ紹介記事


・【デスチャ】初心者におくるリセマラのすゝめ


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする