【デスチャ】ワールドボストライアル 『テティス』を振り返る



ごきげんよう、みなさま。おねえさまです。

デスティニーチャイルドのお話。日本版では第二回目の開催となった「ワールドボストライアル」は テティス 降臨となりました。前回の ケプリ 降臨からラグナブレイクを挟まず続けてのワールドボストライアル開催に、意表を突かれた魔王候補生も多かったのではないでしょうか。前回は遊びづらいゲーム設定と士気の上がらない報酬によって悪評が一気に吹き出したイベントであっただけに、短期間での連続開催に少なからず不安はございました。

が、そこはアンケート結果を真摯に受け止めたのか、前回とは大きく異なり遊びやすいデザインへと改善されておりました。報酬面でもしっかりとしたテコ入れが施されており、参加へのモチベーションはだいぶ持ちなおした内容となっておりましたわ。プラクティスモードを設けるなど魔王候補生の溢れ出る試行錯誤意欲を後押しする環境を用意していたのも好印象ね。システム面での不満はほぼ解消されたと評していいかしら。

ただ…400オニキスや★4装備品はレア報酬カードから排除してほしいわね。大体レア報酬カードという特別なカードに明らかにガッカリする報酬を仕込むというのがおかしいと思うのだわ。この二つで報酬を埋め尽くされた時の徒労感は中々堪えますから、こういう明らかなハズレは次回からやめていただきたいものよ。


デスチャの歴史は中毒との戦いの歴史



テティス戦における最大にして唯一の勝負所は、テティスのドライブスキル発動前後の攻防に集約されております。彼女のドライブスキルは前列向かって左から最大9体に1000ダメージを蓄積させる中毒デバフを付与するという大きすぎるオマケがついており、この中毒デバフをどう誤魔化しながら5分間殴り続けるかがポイントでございますね。中毒といえば現在デビランで エリシオン の中毒デバフが猛威を振っておりますが、あちらは3体へのデバフ付与。それに対しこちらは最大9体。これはいけません。

3体への中毒デバフですら対処に苦慮しているというのに、9体の中毒をケアする方法など限られております。中毒を打ち消すスキル持ち自体がごく少数であるため、いちいち解除していくのはあまり利口とは言えません。 ランフェイ を使用した敵ドライブスキル封殺作戦はランフェイを所持していないとそもそも試運転できない上に代えもきかない唯一無二のスキル持ちという有様。こうなるといつもどおり マルス + レダ + マアト による全体リジェネバリア大作戦で中毒ダメージと真っ向から勝負する以外に道はありませんでした。

結果的には今回もこの三種の神器でパーティーを守り続けることは出来た次第でございます。最も危険なパターンは敵のドライブスキル → 味方のドライブスキルからのフィーバータイム突入 → 毒ダメージを連続でくらいながらのフィーバー攻撃 → HPがごっそり減ったところで間髪入れず敵の攻撃が入り倒れる、というのが半壊するときのお決まりのパターン。完全オート戦闘であるためこちらで制御することは不可能でありますから、遅延スキル持ちを複数投入してドライブスキル発生タイミングをずらすなどのケアも選択肢に入りました。

ただLV200以上の高レベル帯で時たま起こる半壊は、オート戦闘である限りタイミングが悪かったと諦めるのが精神衛生上宜しいと判断いたしました。限られた手持ちで対処する以上は対策にも限界がございます。安定して180万前後のダメージを叩き出せていることに満足し、イベント後半は流れ作業のような状態になっておりましたわ。



ワールドボストライアルというイベントの是非



このような感じで前回と比べれば比較的安定した火力を出すことに成功いたしました。前回育てたチャイルドたちをそのまま流用できたことで、かけたコストもそれほど多くなく十分収穫のあるワールドボストライアルだったかしらね。ただ…ワールドボストライアルで活躍が約束されているチャイルドを持っていない魔王候補生へのフォローが少ないと思うわ。今回イベントの直前に★5木属性チャイルドの上方修正が予告され、お馴染み進化ロードの報酬には ヘラ が設定された経緯を見ても、きっとこのヘラがテティス戦における救世主になり得ると希望を託した方も多かったのではないかしら。

蓋を開けてみればテティスというよりはデビランで暴れているエリシオンを意識したスキルに改造された形となり、テティス戦における決定打とはなりませんでした。そもそも進化ロード自体がその時開催されているイベントに適したチャイルドを配布する…というスタンスでないことが多い以上、多くを期待すること自体間違ってはいるのですが、私はマアトの一つくらい配布してもバチは当たらないと思うわね。大体なんでピックアップのほとんどが火力面で働くチャイルドばかりなのよ。ワールドボスにピッタリな回復型や防御型くらい別個で用意しておきなさいよって話だわ。

遊びやすくはなったとはいえ、正直言ってワールドボストライアルというコンテンツは色々な立場の魔王候補生たちを不満にさせているのではないかしら。ランカーはランカーで決して報酬の恵まれていないランキングを争うこととなり、疲弊してボロ雑巾のようになってしまう可能性があるわね。嫌なら走らなければいいと思われるかもしれませんが、このイベントはランカーが常に人一倍頑張ってボスを叩いてくれないと成立しないイベントでございます。特にTOP100に入るようなランカーたちはそれこそ石を割りながら叩いているのですから、もっとリターンをあげて労うべき尊い存在ではないかしら。現状では半分ボランティアだと私は思っているわ。

ライト勢はライト勢で未だ攻略法がよくわかっていない子が多いはず。20体育てて参戦させるというハードルは、運営が思っている以上に高いものだと認識すべきね。しかもワールドボストライアルに適正のあるチャイルドを育てなければいけないのだから、どこから手を付けていいか分からないというのが大多数ではないかしら。攻略サイトのテンプレ構成などを真似て遊ぶ子が今の日本には多そうですから、選択肢が非常に多いワールドボストライアルの編成はついていけないと思うのだわ。

大体の子は何となく育っているチャイルドを投入して、とりあえずオート戦闘してわちゃわちゃ殴り合って戦闘が終わる…みたいな感じなのではないかしら。これって絶対楽しくないし、続かないのよ。ワールボストライアルはしっかりと理解して考えてパーティー構成を弾き出すと凄く面白いのだけど、そういう考えが出来るようになる人はもうライト勢ではないのよ。気軽に遊んでいる人にも理解させるには、運営の努力も欠けておりますし越えなければいけないハードルも多いですし、手の施しようがないのが実情よね。

これからも頻繁にイベントを打ち出して魔王候補生たちを無理やり慣れさせていくという荒療治もあるかもしれませんが、慣れる人よりも離れていく人のほうが多そうね。いっその事数ヶ月に一度のお祭りイベントにして、還元祭りにでもしたほうがまだ幸せになれるのではないかしら。

こんな事を言いだしたらトッププレイヤーも初心者も同じボスと戦うというデザイン自体に無理があるのは当然なのだけどね。ラグナブレイクのように段階を踏んで個体差が用意されているならまだしも、同じボスを殴れなんてどっちに寄せても不満が出るに決まっているわ。私はランカーほど石を割って走ることもなければ、ライト勢のように右も左も分からないわけではない…ちょうどいいポジションで効率を極めてプレイ出来たから楽しかったけども、逆に言えば私が楽しめる難易度は世間一般には少々辛いと捉えるのが合っているかと思うわ。

自分さえ楽しければそれでいいで終われるのであれば、今回のイベントは大変満足でございますで締めくくれるけども…もっともっとライト勢にも認知させるように歩み寄らないといけませんね。みんなで戦うのがワールドボストライアルですから、皆が楽しくイベントに向けて準備を出来るように運営には頑張って導いてもらいたいものでございますわ。


むちプリ軍とテティス個人軍の記念撮影



悲哀な表情のテティスちゃんとの思い出の一枚。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする