【デスチャ】テティス襲来に備えなさい!



ごきげんよう、みなさま。おねえさまです。

デスティニーチャイルドのお話。次回イベントがまさかの二連続ワールドレイドボスということで、再び編成を考える時間がやってまいりました。ただ心配なのは前回のワールドレイドボスからあまり日を置かずに開催するところね。一応アンケートは行っていたものの、この短期間でユーザーから寄せられた要望を反映した内容に仕上げられているのか…運営の力が試される良い機会かと思われます。

前回のワールドレイドボスはとても褒められるような出来栄えではありませんでした。故に今回の私の熱量はかなり低い状態から始まっており、前回のように全身全霊を込めてパーティ編成に資産をつぎ込むことはないわね。基本は前回使用した20人パーティを流用し、アタッカーなどを一部木属性へと変更する程度に留めるつもりです。かかるコストに見合う報酬が得られないと感じたのも前回の不満点でしたから、同じ轍を踏まぬよう今回はコストをかけずに闘いの準備をしていこうかと思います。

そんな中現在はワールドレイドボスである『テティス』討伐に向けて、木属性のピックアップガチャが開催されております。内容は防御力デバッファーの『ミダス』、木属性ダメージディーラーの『クランプス』と『守護神コウガ』でございますが、引くべきかどうなのか悩んでいる子もいるのではないかしら。私なりに三者の考察をいたしまして、テティス攻略に向けてどう準備していけばよいか一緒に考えてまいりましょう。





現在ピックアップ中の『ミダス』ですが、結論から書くとわざわざ狙って引く必要はないということになります。

現行のスキル内容は★5チャイルドとしてはかなり不満の残るものとなっており、この程度であれば★4チャイルドの『ベルセポネ』や各種防御力デバッファーでも十分に同レベルの仕事は出来るでしょう。そもそもこういったスキルは討伐を後押しするというよりは、ランキング入りを目指すような志の高いプレイヤーが狙うべきスキルと考えて良いわ。どれだけ多くのダメージを与えられるかを競うレベルの人間が候補に上げるもの。

もしも皆様が高レベルのワールドレイドボスと対峙しても全滅をしないパーティ編成を模索しているのであれば、もしくは無難に周回することを考えているのであれば無用の長物。こんなものにクリスタルを消費するくらいならば、チケット補充に使用したほうがよほど有意義でしょう。出番も基本的にはレイド系イベント専用に等しく、色々なコンテンツに使いまわしできないのも評価を下げるわね。

一つ気がかりなのが、このミダスは運営が告知している上方修正の対象チャイルドであるということ。大雑把な内容しか公開されておりませんが、もしかしたらヤケクソ修正で水属性のレイドキャラには必須レベルの内容に化ける可能性はあるわ。ただ、いくらそうなったとしても本質は変わらず、これを必要とするのは上位を狙う志があるユーザーでございます。自分の目標と照らし合わせ落ち着いて検討いたしましょう。





続いてのピックアップ対象は木属性アタッカーの筆頭『クランプス』で、これは引くかどうか悩ましい性能となっております。2体にノーマルスキルを2連打というスライドスキルは、対象が一人の場合は計4連打となる非常に火力の高いデザインでメイン火力としては申し分ないものね。内容も水属性だとより多くのダメージを与えられるとあっては、是非とも火力枠として確保したいところ。

更にワールドレイドボス以外にもシーズンレイドボスでの活躍を見込めるのが素晴らしい。ある程度凸を済ませることが出来れば、吸血効果のおかげで★5アタッカーとしては生存力がかなり高いというのも強み。ストーリーは勿論デビランでも通用するそのポテンシャルは、さすがは木属性アタッカーとしてトップを走ってきただけのことはありますね。スライドスキルの仕様は時としてダメージを分散させて状況を悪化させるケースもあるのですが、クランプス自体が全体ドライブスキル持ちであるため割と取りこぼすことがないのが嬉しいところ。

木属性アタッカー不足であれば十分に狙う価値があるものの…心配事はテティス降臨が開始されるタイミングで、今回もワールドレイドボスの特効キャラがガチャで登場することが予想されます。恐らくはクランプスよりもワールドレイドボスに特化した性能になっているでしょうから、テティス討伐だけを考えるのであればクランプスガチャも我慢するのが妥当かもしれません。

まぁこんな心配をしてしまったら、今回のピックアップガチャ自体全部我慢してワールドレイドボス特効キャラを引きなさい、という身も蓋もない結論しか残らなくなってしまうのだけどね。ウフフ。





トリを飾るのはお正月以来の登場となる『守護神コウガ』でございます。現行スキルは攻撃型チャイルドを優先して狙う3連打がメインとなっており、実装当時はそこそこに猛威を奮っておりました。ですが、それも昔取った杵柄。攻撃型を優先するという能力に才能の全てを注いでしまったせいで、どうにもアタッカーとしての火力に欠けるのがいけません。

対象が一人しかいないレイド系イベントにとってはこのメリットすら消し飛んでしまう有様で、テティス戦においては属性でマウントが取れるという優位性しかない状態。凸のしやすい★4アタッカーにあっさり力負けしてしまうのは目に見えております。レイド系イベントだけでの運用を考えるのであれば、クランプス以上に優先することはオススメできないわね。

しかーし。この時代に取り残された守護神コウガも上方修正チャイルドの対象となっており【条件を満たしやすい水属性への防御無視ダメージ、さらに吸収効果を追加予定】だそうでございます。一線級のチャイルドに生まれ変わるほど化けることはなさそうですが、より水属性に対してマウントを取れるようになるのであれば悪くない修正内容ね。この追加項目に関してはレイドボスというよりは、現在のデビルランブルの環境を変化させるカンフル剤として期待されての修正ではないかと考えております。

私個人としては守護神コウガがデビランで勝率を荒稼ぎしている水属性アタッカーを潰したところで、何の解決にもならないとは思うのだけどね。エリシオンなんて悪の手先でありただの使い捨てですから、元を絶たねば手を変え品を変え新たな刺客を送り込んでくるだけよ。脱線してしまうのでこの話はここまでとして…。

ある意味守護神コウガの一番のウリはビジュアルでしょう。ええ、もうぶっちゃけてしまえばそこよ。一定層から支持される和服美人で、戦闘能力もそこそこにあるというだけでもはや守護神コウガの存在価値は不変であると評しても宜しいでしょう。まだ入手しておらず木属性アタッカーが不足しており、和服美人が好みのプレイヤーは狙いなさい。動機は単純で良いのよ。DNAに従いなさい。


このように攻略面として推せるのはクランプスで、自分の性癖にマッチするのであれば守護神コウガという結論となりました。更にテティス降臨だけに話を絞るのであれば、この後来るであろう特効ガチャにクリスタルを注ぎなさい、という身も蓋もない結論で締めくくるしかないわね。ただ私が長文を書いて気持ちよくなっただけじゃない。

個人的には使い回せる機会の多いクランプスをやっぱり推したいわね。今後来るであろう特効キャラはそれこそワールドレイドボスでしか基本働かないのに対し、クランプスは水のシーズンレイドボスでもしっかりと働くことが可能なのが強みだと思うのよ。限られたクリスタルでやりくりをしているユーザーであれば、汎用性は決して無視することのできない要素ではないかしら。

今回どうなっているかは分かりませんが、冒頭でも記述したとおりワールドトライアルは報酬があまり魅力的ではないからそれほどコストをかけたくないのが本音でございます。通常の5人パーティとは違い20人パーティというのは、個々が戦況に与える影響は小さくなるわけですから、ここで気張ってチャイルドを急いで調達する必要はありません。それが前回のワールドトライアルで私が学んだ一番の教訓かもしれません。

何より無凸の★5チャイルドを起用するくらいならば、凸を重ねている★4チャイルドを起用したほうが火力は期待できるという大前提がございますし、このあたりは自分の所持チャイルド事情と照らし合わせて考えていただくしかありませんね。慌てて戦力を揃えようとするとコストも必要以上にかかってしまうことがほとんどです。イベントに振り回されることなく、落ち着いて自軍の戦力を整えていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加