【デスチャ】電子の歌姫は悪魔も救うのか



ごきげんよう、みなさま。おねえさまでございます。

デスティニーチャイルドのお話。先週のデビランの成績はこのようになりました。プラチナリーグⅡに上がっても常勝は変わらずといったところね。大体リーグ1だろうがリーグ2だろうが、対戦相手の質にさしたる変化もない時点で成績に変化が現れるわけはないのでございます。予想ですがリーグ1~3あたりまでは似たような戦闘力の候補生でひしめき合っているのではないでしょうか。

変化があったのはむしろ我がむちぷり軍のほうでございまして、先日のガチャ事故で無事人権キャラのシュリンクスを召喚できたことで人事異動がございました。





先週の常勝を支えていたのはこちらの面々でございます。今まで運用していた単体確殺パーティからスタイルは一変、アタッカーはクランプスのみを採用し残りは妨害と補助で脇を固めた構成となっております。この構成はクランプスが3凸目を達成できたことと、シュリンクスが加入したことで構想が固まったと言えるわね。

立ち回りは先代の単体確殺パーティとは真逆で、耐久戦に持ち込み競り勝つといった内容。クランプスが強烈なランダムダメージをばら撒き、弱ってきたところを全体ドライブスキルで半壊させそのまま押し切るのが最も理想的な形。もしもその形に持ち込めなかった場合は、コウガが味方を加速させオルガが相手を足止めし、ダナとシュリンクスが難攻不落の防壁を築き味方が落ちて手数が減るのを防ぐ。

味方の手数を増やしつつ相手の手数をどんどん削り、最終的には相手よりも早くフィーバータイムに突入しそのまま叩き潰すというのが勝ち筋となっております。よほどランダムダメージが都合よく蓄積されない限りは、クランプスのみで押し切れるのは稀で大体はトータル戦術となるわ。

前回のパーティほど分かりやすい勝ち筋ではないため、一見すると中途半端なパーティにうつるかもしれませんがこれが憎らしいほど強いのよ。以前のパーティとの違いは安定感が圧倒的に高いことね。そもそも単体確殺パーティをやめた理由が、相手アタッカーにある程度凸が済んでいる★5チャイルドが増え始めて確殺が取れにくくなってきたというものがございます。

前々からご説明しているとおり、単体確殺パーティはアタッカー2人による確殺が生命線。耐久性を捨てて相手アタッカーを確実に落とすことに全力を尽くしているため、一度でも落としきれないと一気に劣勢になってしまうわ。特にクランプスとの遭遇率が上がり、このチャイルドを安定して確殺することが出来なくなっていたのです。対応力に乏しいパーティですから、一度劣勢になるとそこから巻き返すのは非常に困難だったのよ。

また現在の環境ではアタッカー以外にも注意すべきチャイルドが多く、完凸しているモアやランフェイは自由にさせているとアタッカーよりも厄介な存在でございます。相手のアタッカーさえ落とせばそれで試合終了という環境ではなくなったというのも単体確殺パーティを諦めた理由の一つかしら。

現パーティの安定感は何より戦績が物語っているかと思うわ。このパーティが負けるときというのは、こちらの妨害がほぼ全て外れ相手の妨害がほぼ全て命中し、シュリンクスも絶妙なタイミングで忍耐をばら撒きこちらに主導権を渡さないという不運が重なりまくったときくらい。妨害が○%発動である以上いつかは起きる敗北なのです。

ここまでの新たな常勝具合には欲張りおねえさまも大変満足しておりますから、次の壁に当たるまではこのパーティで勝利を重ねていきたいと思う次第でございます。





驚愕の鳥コラボから間髪入れず新たなコラボがやってまいりました。今度のコラボは電子の歌姫・初音ミクでございまして………。えぇ残念ながら私は初音ミクちゃんには大した興味を持っていないのだわ。しかし、そもそもひねくれ屋な私が興味を持つコラボ自体珍しいことでありますから、ここはいつものことでございます。

何より大事なのはチャイルドとしての性能ですけども、今回の初音ミクと雪ミクは近日開催されるシーズンレイドで役立つものになっているようです。これはボーカロイドに興味がない候補生でもミクのお尻を追いかける必要が出てきたわね。大体木レイドをすっ飛ばして火レイドを持ってきたのはこのコラボのためだったというのかしら?





そもそも雪ミクちゃんってなんなの?スライムに対するスライムベスのような存在なの?雪があるなら雨ミクとかもあるの?夏ミクは?もみじミクは!?

私の飽くなき探究心はひとまず収めるとして、ヒーラータイプの雪ミクは出血効果をリジェネ効果に変換するトリッキーなスキルを持っております。本国ではデビランで出血ディーラーが猛威を奮った時期があったようですが、日本では出血ディーラーが暴れるまえに出血メタの雪ミクが登場する形となってしまったわね。

このSSからも分かる通り次のレイドボスは出血デバフをばら撒いてくるのでしょう。そうなると雪ミクはレイド討伐メンバーに当選確実と考えて良いわね。レイドボスでの重要なダメージソースとなるフィーバータイムでは、出血状態であるチャイルドは実質攻撃に参加できなくなってしまうため、万が一アタッカーが出血状態にされたときに解除できるチャイルドは必要なのだわ。

凸する必要まであるかどうかはまだ不明ですが、間違いなく持って置かなければいけない重要チャイルドと言えるでしょう。





こちらは私も知っているはちゅねミクでございます。SS効果は水属性チャイルドの火力底上げということで、これまたレイド必須級のSSね。レイド戦では制限時間の5分以内にどれだけダメージを与えるかも重要となり、フィーバータイムの火力の底上げとなる補助効果はとても重要になるということは前回のシーズンレイドで学習いたしました。

前回で言うエルメスポジションにあたるわけですが、こちらは重ねれば重ねるほど補助効果も上がるためランキング入りを目指す候補生であれば複数凸も視野にいれなければならないわね。最大の問題はシーズンレイドが終わればその後倉庫番になる可能性が特大であるということくらいかしら。雪ミクとは違いレイドが終わった後の再就職先がないとなると、ミクを凸するのは限られたエリート候補生だけかもしれない。

ここで石を使ってでもミクのお尻を追いかけられるかどうかがレイド戦での戦績を左右しそうだわ。

ちなみにわたくしはおっぱいの小さい子は趣味ではないので、ミクのお尻を追いかけることはありません。えぇありませんですとも。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加